HIDの寿命を伸ばすために出来ること

 

せっかくライトをカスタムするんだったら少しでも長く使いたい。

という方が大半かと思います。そこで本日はHIDの寿命を伸ばすためにできることと。

特にこれからライトを替えるという方は、負担にならない範囲でぜひ.

 

 

 

1、直接電源

車側の電圧・電流が不安定のままHIDを使用し続けるとバラストへの負担も大きくなって寿命短縮の原因になる可能性があります。そこでおすすめしたいのがバッテリーから直接電源を取るということ。別売りの電圧安定リレーハーネスを使用すればバッテリーから直接電源を取ることができるので、安定した状態でHIDを使用することができます。

2、防水強化

HIDはデリケートなので雨や湿気には強くありません。当然製造段階でも防水対策は施してありますが、シーラント剤を使用して+αの対策を施してあげることで長寿命化に役立ちます。作業はバルブとレンズユニットの接触部分にシーラント剤を塗布するだけ。取り付け時にやっておくだけでだいぶ違うのでぜひ行ってみてください。

3、ON/OFF回数

HIDは20000V以上の高電圧スパークによって光ります。つまり一度光らせるために大量のエネルギーが要るということですね。つまりライトのON/OFFを減らせば必然的に負担を軽減できるということ。過度に意識する必要はありませんが、心の隅に留めておきたいところです。

まとめ

上記3つの対策を施してどれほど改善するかという数値的なところは正確に伝えるのが難しいのですが、やっておいて損になる作業ではないので「このHIDを長く使いたい」という方は、ぜひ参考にしてみてください。寿命も長くなりますし、パフォーマンスも良くなります!

 

 

 

 

fcl HID 電源安定用リレーハーネス 1本

https://store.shopping.yahoo.co.jp/imaxsecond/lhid-hb4relay.html