純正HID の「S」と「R」の違い

テーマ:

純正HID の「S」と「R」の違い

純正HIDバルブは「R」か「S」に分かれますので、商品を選ぶ際には、今回の内容を参考にしてください。

 

「S」と「R」の違い

 

例えば、【 N-BOX 】には「D2S」のバルブが取り付けられていますたまに、「D2S」の車種に「D2R」のバルブは取り付けできるのか?

という問い合わせを受けることがありますが、結論から言いますと、取り付けはできません。


 

「S」はプロジェクタータイプとなります。Sタイプは、リフレクターとプロジェクターレンズの間にあるシェード(遮光板)によってグレア光を防いでいます。

HIDプロジェクタータイプ

※プロジェクタータイプ


 

「R」はリフレクタータイプとなっております。Rタイプは、塗布された遮光膜により、グレア光を防いでいます。

HIDプロジェクタータイプ

※リフレクタータイプ

台座の爪の形状もそれぞれ異なりますが、現在は共通の台座形状を使用しているメーカーが多いです。

 

ただ、共通の台座を使用しているからといって「R」タイプの車種に「S」タイプのバルブを付けることはお控え下さい。

Sタイプは車輌側でで配光を調整し、Rタイプはバルブで配光を調整することから、SタイプをRタイプに取り付けた場合は、配光が乱れます。

上記の理由により、

  「D2S車にはD2Rはお取り付け不可」

D2S車にはD2Sを取り付けていただくようになりますので、購入の際は、「S」か「R」かの確認をお願いします。