全てを超越したfcl.のヒカリ
新型LEDヘッドライト DEBUT!

・従来のfcl.のLEDヘッドライトは取付け出来なかった。
・カットラインは綺麗に出る?
・純正と同じ色も欲しい!
・取付けが、もっと簡単じゃないとイヤだ!
…などなど



・ハロゲンの2倍の明るさ
・スイッチオンでMAX点灯
・HIDより取付かんたん

車検対応
取付易さアップ!
耐久性向上


1.純正配光を再現
ハロゲンバルブのフィラメントを再現することで、
より純正ハロゲンバルブに近い配光へ。

2.従来よりも、取付け可能車種が増えました。
コントーラー部を別体にすることで、
放熱フィンを大型化させながらも、
バルブ全体のサイズは縮小化させることに成功し、
様々なお車への取付けが可能になりました。

3.基盤を新規設計し長寿命を実現
車両からの不安定な電流を制御し、
LEDチップに安定した電流を供給することで、
長寿命を実現しています。

fcl.のこだわり品質
―より長く使用していただきたい、そんな思いから生まれた設計―

フィン一枚一枚の大きさや配置をミリ単位で調整した独自設計により、
優れた放熱性を実現すると同時に、故障のリスクもさらに軽減しました。
より長くご使用いただける製品となっております。



fcl.の新LEDは車検基準をクリア。

旧LED商品に比べ、カットラインもしっかり出ており、
2015年9月からの新車検基準「すれ違い光軸」にも対応。
カットラインの基準値を十分に満たしています。

アフターパーツの車検対応について
車検対応の製品を取付けているのに何で車検に通らないの?

原因その1:光度の数値が基準に満たない場合
→HIDやLEDを取付け、見た目では明るくなり、運転もしやすくなったのに、
車検には通らないという事がよくあります。
なぜ、通らないかというと、車検は、照らし出される全体の明るさではなく、
前方を照らす、ある1点の明るさを測定しています。
その明るさは、車両側の影響を受けやすく、
例えば、ヘッドライトのリフレクター部分が白く焼けている、
レンズ部分が紫外線で黄ばんでいるなどで、数値は大きく変化します。

原因その2:光軸がきれいにでていない
→日本で販売されている車のヘッドライトは、元々左前方を遠くまで照らせるよう、
ある一点から、左に向かって上がっています。
この上がり始める始点(エルボー点)が既定の範囲内にあるかで判断をしています。
車両側のヘッドライト自体に光軸を調整する箇所があるため、
基本的には車両側の光軸調整で解消する場合が多いですが、
改善されない場合、きちんと取り付けられているかも確認しましょう。

原因その3:車検に通らない色味
→「色味」は目視で検査されるため検査官によって大きく対応が変わってきます。
基本的に「車検対応」の記載がある商品は、6000ケルビン程度の商品が多く
一般的に6000ケルビン=白となります。
6000ケルビン程度の商品であれば、問題なく車検に通るものが多いと考えられます。


取付スペースのご確認
バルブ寸法より取付スペースがない場合、取り付けが出来ません。
ご注文前にバルブ台座の後ろ側にスペースがあるかどうか、確認をお願い致します。

▼fcl.新型 LEDヘッドライトについてのよくある質問
Q:アダプターの外し方がわからない。
A:押しながら反時計回しに回すと、外すことができます。
Q:立ち上がりは早いですか?
A:LEDなので、点灯直後に一瞬で最大の光量を放ちます。
Q:防水処理は施していますか?
A:日本工業規格の【IP68】をクリアした商品となっております。
※『粉塵の侵入を完全に防ぎ、かつ長時間水没しても影響がない』商品となりますので
ご安心してご使用いただけます。
Q:LEDヘッドライトの寿命は?
A:LEDの寿命は一般的に30,000時間と言われておりますが、
使用環境により寿命は大きく異なる場合がございます。

 

 

 

https://store.shopping.yahoo.co.jp/imaxsecond/hfled-s59999s.html

 

https://store.shopping.yahoo.co.jp/imaxsecond/hfled-s54299s.html