黄・白・青。車検に通るケルビン数の上限と下限はいくつなのか。ヘッドライトをカスタムして車検に通るか不安…という方はぜひ参考にしてみてください!

まずは結果からご覧いただきましょう。車検に通るヘッドライトのケルビン数上限と下限は以下の通りです。

 

 

車検は原則として検査員の判断によるため「確実に!」と言い切れないところではありますが、おおまかな判断軸として言えるのが上記のケルビン数です。

ヘッドライトの3000ケルビンは車検に通らない?

3000Kの黄色みがかったヘッドライトはどうなのか。fcl.としては「NG」と考えています。H17年以前の車までは淡黄色でも車検に通っていましたが、H18年以降に生産された車については基本的に白色と定められているため3000Kヘッドライトは車検に通らない可能性が高いです。※3000Kでも検査院によっては「白色の範囲」と判断する場合もあります。

フォグランプの3000Kは車検に通る?

ヘッドライトではなくフォグランプの場合は3000Kでも車検に通ります。前部霧灯は視界不良の時の補助灯という役割を担っているため、車検の基準は「白色および淡黄色」と定められています。そのため3000Kのフォグランプは車検に通るというわけですね。

ヘッドライト&フォグランプの車検対応ケルビン数

検査員の判断や地域性によって車検基準は異なるというのが実情ですが、ライトをカスタムする際はヘッドライトは4000〜6000K、フォグランプは3000〜6000Kが車検に通るボーダーラインということを覚えておきましょう。