リレー付とリレーレスどっちが良いの?


H4Hi/Lo HIDキットの購入での注意点を今回書いていきます。H4タイプのハロゲンが装備されている方で、HIDの購入を迷われている方はぜひ、参考にして頂ければと思います。

今回のテーマは【リレーハーネス】と【リレーレス】のお話しになります。

 


 

このH4Hi/Loバルブは、バルブ1つでロービームとハイビームを切り替えているため、「ロービーム点灯」「ハイビーム点灯」という信号を、送る必要があります。

なので、上記の動作を行うため他のバルブ形状よりも部品が1つ多いことになります。

その部品が【 リレーハーネス 】と【 リレーレスユニット 】の2つ。

 

H4バルブを購入する際に、上記のどちらかのタイプを選んで頂くようになりますが、

部品名を言われても、何が良いのか。何が悪いのか。

分からないと思いますので、それぞれのメリット・デメリットについて書いていきます。

 

 

まず、【リレーレスタイプ】について

 

この長細い四角い物体がリレーレスユニットと呼ばれるものになります。この部分で

ロービームとハイビームの切替を行います。

 

メリットとしては、取り付けがかんたんであること。車輌側のカプラーに取り付けるだけの、

1~2分程度で終わる作業が一番のメリットとなります。

 

ただ、デメリットとしては車輌側のカプラーに取り付けるタイプとなるので、電源を

車輌側から取るようになります。

 

例えば、軽自動車や電装品の多い車輌などはHIDに費やす電力以外にもオーディオ、

エアコンなどにも使用しているため、HIDに供給する電力は不安定となります。

その結果、チラツキ、片側不点灯の原因となるので注意してください。

 

【リレーハーネスタイプ】について

 

まずは、デメリットから。バッテリーから直接電源を取るのでリレーレスタイプよりは、

取り付けに時間がかかります。

 

メリットとしては、バッテリーから電源を取るタイプになり、HID以外に供給する電力などを

考えることなく、HIDへ直接電力を供給できるので電圧不足による片側不点灯、

チラツキなどが無くなり動作が安定します。

 

リレーレスタイプも上記のように電圧不足による症状が出た場合は、リレーハーネスを

取り付けていただければ、症状が改善する可能性が高いので、おススメとしては、

リレーハーネスタイプとなります。

 

また、電圧が不安定の状態が続くとバラストへの不可が高まるので、電圧不足による

バラスト故障が発生します。

 

より安心して、より長期間使用を考えている場合は、リレーハーネスタイプをおすすめします。

 

 

まとめ

 

リレーレスタイプは取り付けが簡単で初心者の方でも取り付けが可能。

 

リレーハーネスタイプは取り付けはリレーレスタイプよりは難しくなりますが、

電圧不足による症状は起きづらく、バラストへの不可も軽減できるので、

より長期間使用が可能となります。