アーマーゲ? | るぅてし屋 パート3.1

るぅてし屋 パート3.1

ブログ管理者:るぅてし屋
自称自動車文化研究家
自称ギターサウンド研究家
大学の卒論テーマ:自動車の製造物責任
子供の頃の夢:パン屋さん

バブルの頃、様々なチューナーのドイツ製高級車が走っていました。

同業の経営者さんたちは、メルセデスベンツのAMGやABCエクスクルーシブ、BMWのアルピナなどに乗られていました。

今でもうち以外は皆さん良い車に乗ってますが、AMG以外のチューナーは見かけなくなりました。

ところでAMGって何て読みます?

今はエーエムジーって読みますが、バブルの頃は何故か皆アーマーゲって言ってました。

いったい誰がそう言い始めたのか。

ちなみに僕はその時代もアーエムゲーと言ってました。

ABCエクスクルーシブやAMGのハンマーバージョン、ケーニッヒスペシャルズなどの迫力のあるブリスターフェンダー系も結構見かけました。

そんな車をたくさんの人が買い、足がわりに普段使いしていたのは日本だけだったんじゃ無いでしょうか。

さて。

その時代、色々なチューナーの車を見ましたが、いまだに見たことがないものがあります。

それはドイツ車ではないのですが、ルジェリというフランスのプジョーのチューナー。

405GTiのルジェリチューンに乗りたかったのですが、結局日本には入って来なかったみたいで。

当時はフランス車は輸入車の中でも少数派でシトロエンぐらいしか見掛けませんでしたが、最近はルノーやプジョーも良く見るようになりましたね。

それでもフレンチチューナーの車って印象がありません。

次はそのあたりが流行るでしょうか?

81