大雨の西日本

テーマ:

連日報道されている西日本の大雨被害。

災害報道には慣れているとはいえ、毎回身につまされます。

 

おとといの日曜日

日本オストメイト協会の会合があり、出席しました。

こうした折ですから災害時の対策が大きな話題でした。

 

私たちオストメイトは基本的に弱者です。

弱者と聞いて反発を覚える方もいるとは思いますが

障害者手帳の交付や障害年金の受給など

公的に弱者として判断されているのは事実です。

 

これが災害の現場では顕著になります。

 

オストメイトは装具なしでは暮らせません。

仮に私が災害に会ったとして

食料と装具のどちらかを選べと言われたら装具を選びます。

 

インシュリンが欠かせない糖尿病患者さんや

透析を受けている患者さんなら事態はさらに深刻でしょう。

 

人を助ける側ではなく助けてもらう側にいることを自覚すべきだと痛感します。

 

そんな私にできることは何でしょうか。

 

備蓄ですね。

食料や生活必需品の確保は何とかできるかもしれませんが

装具を災害の現場で確保するのは難しい。

装具さえ確保できれば人並みの活動も可能です。

 

私の場合は1ヶ月分は常に備蓄しています。

これだけあれば自分の分だけではなく人に分けることもできます。

 

自分が弱者であることを素直に認め

準備を固めて可能な限り人の迷惑や荷物にならないようにしておくこと。

 

それが私にできることであり、すべきことだと思っています。

 

何か感じたらポチっとね

にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ
にほんブログ村