来週14日(月)は、華麗なる女性騎手の競演『レディースジョッキーズシリーズ(LJS)2011』が盛岡競馬場で開幕ラウンドを迎えます。

 現在、現役の女性騎手は8名。そのうちホッカイドウ競馬の笹木美典騎手は負傷療養中、高知競馬の森井美香騎手は産休の為、今年は6名で女王の座を争うこととになりました。

 開幕幕戦を地元の盛岡で迎えることとなった、岩手代表・皆川麻由美騎手に悲願のLJS女王戴冠に期待高まるところです。
 皆川騎手本人も、11月4日(金)には、ふじポンとともに達増岩手県知事を表敬訪問。その後に行われたインタビューでは、『豊富は二文字で”優勝”です』と力強くコメントを残しています。

 皆川麻由美騎手コメント
 「抱負は二文字で優勝です!6人は淋しいですけど。それでも一位になるのは大変なことなので、前を前を目指して。優勝をとるにはそれしかないですね。
 盛岡競馬場でレディースが行われるのは初めてなので、水沢(開催)の時には来られなかったファンの方達も来て頂いて、皆が皆川麻由美を、岩手を応援してください。
 (ガッツポーズを撮る)シャッターチャンスが訪れるように頑張ります。」
(動画より抜粋)


 
 そして、岩馬るべ!東北プロジェクトとしてイチオシで応援したいのが、ホッカイドウ競馬所属の下村瑠衣騎手


 下村騎手は、東日本大震災の被災地のひとつである青森県八戸市の出身で今年4月にデビュー。8月に待望の初勝利を挙げ、現在3勝と成長ぶりをみせております。
 LJS初出場となる下村瑠衣騎手にインタビューをしてみました。

>LJSが迫ってきましたが、現在の心境を教えてください。
「今年は出場選手が少し寂しいですが、ずっと出場できる日を心待ちにしていたので、本番を楽しみにしています。女性騎手だけのレースはこの機会でしかないし、同じ女性騎手としてアドバイスを聞いたり、交流を深めたり、いろいろと勉強してきたいと思います。イベントも盛り上げていきたいですね。」

>デビューから現在までを振り返っての感想をお聞かせ下さい。
「何度か勝つことができましたが、良い馬に乗せてもらっているので、まだまだ満足できる成績ではないです。もっと勝ちたいという焦りもあります。谷口先生(調教師)からはしっかり考えて乗ることと、同じミスを繰り返さないことをよく注意されます。」

>初戦は盛岡ラウンドですね。
「子供のころに家族でよく行っていたのが盛岡競馬場です。初めて走るコースですが、盛岡で騎乗経験のある先輩からアドバイスをもらっています。先日は小国騎手からお話を聞きました。レース当日は家族、親戚、友達が応援に来るので、更に気合いが入りますね。私は青森県八戸の出身で、父の会社は震災の影響で大きな被害に遭いました。LJSでは被災した皆さんに少しでも明るい気持ちになってもらえるようなレースをしたいと思っています。」

>最後に抱負をお願いします。
「初出場になりますが、このチャンスに自分の名前を全国に広められるように、良い成績を残したいと思います。もちろん総合優勝も狙っていますが、まずはレースで勝つこと、一つでも上の着順に持ってこられるように頑張ります。ライバルは岩手の皆川騎手ですね。LJSを通じて多くのことを吸収したいです。応援宜しくお願いします。」


 下村瑠衣騎手はホッカイドウ競馬代表であり、被災地代表とも言えるでしょう。彼女の胸にも期するものがあると思います。
 レディースジョッキーに初参戦にして初めての盛岡競馬場。緊張やプレッシャーもあるかと思いますが、当日は温かい大きな声援を送りたいですね。


 競馬で東北を元気に!
 岩馬るべ!レディースジョッキーズ!

(岩馬るべ!東北取材班)