新旧シスターラビッツ | 元気でありやすー有安☆杏果応援ブログー

テーマ:



二十歳のシスターラビッツ


 キタ━(゚∀゚)━!


昨日シスターラビッツの記事あげたオレすげー



9歳のシスターラビッツから実に11年。

今ではすっかり恋するウサギちゃん♡。



「なぜ人を好きになると、こんなにも苦しいのでしょう」

by ポルノグラフィティ


で、ほんとにこれシスターラビッツの昔の衣装を

かなり忠実に再現してます。



例えば、となりの子の耳は立っているが

モモカの衣装は耳を横に寝かせて

真ん中に丸いシッポがついている。



下は白のタイツを履いているといった具合で

ちがうところは半袖なとこくらい。



シスターラビッツの活動は2004年の

たった一年間だったけど、モモカにとっては

初めてのダンスのお仕事で、それはそれは

とても楽しく充実した日々だったにちがいない。

(最後の舞台ではもちろん泣いてましたが)



将来、歌とダンスで活躍できたらいいな・・・



そんな思いを抱いて厳しいレッスンに通った日々

P-Aに入って夢の実現に向かって頑張った日々

P-A解散で夢をあきらめかけた日々

川上マネにももクロに誘われ再びチャンスが

巡ってきた日々

CDデビュー、単独ライブ、あかりん脱退

そして紅白の夢舞台・・・



二十歳になったモモカが再び

シスターラビッツの衣装に腕を通したのは

初心に返るためだったのかもしれない。



初心忘るべからず



とは室町時代の世阿弥の言葉。現在では

「始めた頃の新鮮な気持ちを忘れるな」

と解釈されているが、本来の意味は

ちょっと違う。


「初心の頃の未熟さを忘れるな」


という意味なのである。

若い頃の未熟な芸を折に触れて思い出し

より精進すれば正しく成長するという

意味なのである。



そんな気持ちをモモカには

ずっと持ち続けて欲しいですね。



さて、本日はももクロを路上時代から

応援しているスーパー古参の方をお迎えして

飲みに行きます。

どんな話になるのかとっても楽しみです。

このブログが上がっている頃には

盛り上がっている頃でしょう。


ヒロシさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス