社民党は理想をいうだけで、危機を想定する事を放棄して現実逃避している。 




「攻めてこられたら、一体どうやって守るの?」と聞かれたら思考停止してしまい、質問に答えられない。 




いつも「そうなる前に、話し合いでどうにかする」と回答を拒否するだけ。 



かといって彼らが積極的な外交をしている様子はなし。 




それでいて、右派に対して「危機を想定するより先に、どうすれば戦争が起きないですむかについてもっと考えなさい」と言う。




 

こっちが暴力したくなくても、暴力で解決したい国が現実にあることには、一切目をつぶっているのだ。 





そういう悲しい現実に対してどうするか、政治家なら現実的に考えてもらいたい。 




あの震災の時も社民党は「いざという時のため」という危機管理意識がゼロだった。 




その反自衛隊思想から自衛隊の出動を取り返しのつかないほど遅らせ、 泣きながら自衛隊の出動を国会で要請した地元議員に、薄汚い野次を飛ばした社会党議員。 




今の民主党は旧社会党の議員が7割を占める政党です。 



名前は民主党に変わりましたが、実態は土井たか子や村山富市がいたあの社会党と変わりません。 

 

 

 

 

かつてイギリスのサッチャー女史が説いた核兵器有効論 



そして今、英は核保有国となりました。 

以下 

 1990年代初期、英国首相を退任したマーガレット・サッチャーはワシントンを訪れて、外交政策のスピーチを行った。 




 スピーチ後の質疑応答で、あるアメリカ人が、「すでにソ連は崩壊し、冷戦は終わった。それなのになぜ、最近のイギリス政府は、次世代の核兵器システム整備のために多額の国防予算を注ぎこんでいるのか?」と質問した。



彼の質問トーンは、イギリス政府の核政策に批判的なものであった。 



 これに対してサッチャーは、以下三つの理由を挙げて、なぜイギリスが最新の核抑止力システムを整備しておく必要があるのか、という説明をした。 



1,1947~1991年の冷戦期に、米ソが直接、軍事衝突しなかったのは、核兵器のおかげである。



核兵器の破壊力があまりにも強いため、米ソ両国は、彼らが支配する第三世界の衛星国に代理戦争させることはあったが、核武装した米ソ同士の直接の軍事衝突は注意深く避けた。





この事実を見ても、核兵器に非常に強い戦争抑止効果があることは明らかだ




もし核兵器が存在しなかったら、米ソ両国は冷戦期に正面衝突して、数千万人の戦死者を出すような大戦争が起きていたのではないだろうか。 




2,イギリスは中型国家であり、その軍事予算は限られている。この限られた予算を使って最大限の戦争抑止効果を得るためには、通常兵器に投資するよりも核兵器に投資したほうが、高い抑止効果を得られる。核兵器への投資は、限られた英国軍事予算の生産的・効率的な使い方である。 






3,現在の国際社会は、核兵器を持つ国が支配している。そのことが良いことか悪いことかは別として、それが国際政治の現実であるもしイギリスが常に最新型の核抑止力を整備しておかなかったら、イギリス政府は国際社会で独立した発言力を失ってしまう。 







 このように語るサッチャー女史の態度は、堂々としたものであった。彼女はにこやかに笑みを浮かべ、自信に満ちた声で、「核兵器を所有することが、いかにイギリスの国益に貢献してきたか。そして、イギリス政府の核兵器保有政策を批判する者が、いかに間違った感情的な議論をしてきたか」を熱心に解説した。 

  以上

 


パソコン国防なんて日本には不要座談会←日本を滅ぼしたいんですか? 
http://www.youtube.com/watch?v=2HahQT74WMg 

 

 

 


http://www.tamanegiya.com/sinnsugotoiu.html 
「日本人は殺されても殺さない覚悟をしろ」?それが防衛になる? だったらおまえ、丸腰で日本の旗を振って竹島に乗り込め! 話し合いで解決してこい! 



絶対にやり返されないと確信出来る相手だったら、こんな楽な侵略相手はないよねぇ。 



沖縄の上空をソ連の戦闘機が飛んだのだって撃ち落とされないとわかっているから飛べたわけだし。 



弱いからヤられるんだってば。 



結局、全くの無傷でいようとするから付け入られるわけで、 危害を加えてくる相手には怪我をする覚悟を決めて対処するしかありません。 

 

 

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─


別の過去記事

どうせ仕返ししてこないから試しに打ってみようと言われている日本

 

 

 

 

 

 

核攻撃を抑止できるのは核兵器しかありません。

 

 

日本には核がないのではなく、戦う意志すらないので核を作ることすら防止できませんでした。

 

 

 


核は、核兵器を持っていない国には攻撃できるけど、核兵器を持っている国に対しては攻撃ができない。 

 


核兵器は攻撃のために持つのではなく、攻撃から守るために持つのです。 

 


それに、核兵器がない時の方が戦争は多いのです。 

 


インドとバキスタンはお互いが核保有国になることで停戦状態が続いています。 

 


また、北朝鮮も核も持てば軍事攻撃で潰されることはなくなるので、核を持ちたがっているのです。 



クリップ「日本と拉致の協議するな」「核で世界と対峙できる」金総書記、正恩氏に遺訓http://sankei.jp.msn.com/world/news/130308/kor13030809460003-n1.htm 

 


「一発でも核があれば世界と対等になれる」という事を北朝鮮は理解している。 

田母神vs石原都知事 
http://www.nicovideo.jp/watch/sm6062794 

 

 

 

「核はその破壊力ゆえ、一発でも持てば抑止力が成り立ちます。 
10対1でも対等になれる」 



この二人の会話にもあるように「アメリカの核の傘」はもはや幻想で「アメリカはいざという時あてにならない」し、「核を持ちたいと言っただけで核抑止力になる」のです。 

 

 


つまり、自分の方から「核の傘から外れる」「絶対に核はありません」なんて宣言しちゃったら、攻撃対象になってしまうのです。 




このニュース、面白い。 
アメリカはうっかり本音を漏らしちゃったのを慌てて訂正したんだね

 

 


そりゃどこの国だって、自国の国益のことで精一杯だろうけど、 
「米国を狙ったミサイル以外は迎撃しない」ってのが本音なら、同盟の意味がない。 
 

 

 

日本標的のミサイルも迎撃=ゲーツ長官発言を修正-米国防次官 
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=851803&media_id=4 
 【ワシントン28日時事】フロノイ米国防次官は28日、山崎拓自民党前副総裁ら与党訪米団との会談で、北朝鮮の弾道ミサイルに関し、「日米同盟に関する誓約を厳守する」と述べ、日本を標的としたミサイルも米軍の迎撃対象となるとの見解を示した。米領土を標的にしたミサイル以外は迎撃しないという趣旨のゲーツ国防長官の3月時点の発言を軌道修正した形だ。 
 ゲーツ長官は3月29日、北朝鮮のミサイル発射に先立つテレビ出演で、「ハワイに向かって来るようなら迎撃を検討するが、現時点でそのような計画があるとは思わない」と発言。これに関し、訪米団側が「日本は米国をあてにできないのか」とただしたところ、フロノイ次官は「そんなことは毛頭ない」と語り、日本防衛の責務を果たすと強調した。 



もうアメリカの核の傘はもはや幻想でしかない。 

 

 


アメリカが命をかけて日本を守る補償はどこにもない。また日本も、アメリカに向かうミサイルを迎撃できないだろうし。 



やはり9条は改正すべき。そして独自の外交戦略を持つべき。

 

 
そうでなければ、「脅せば金を出す国」というアジアのATMになり続けるしかない。 


実際、北朝鮮は以下のように「ミサイル落とすぞ!」と宣言しています。 

クリップ「日本の敵基地攻撃論を批判=北朝鮮紙」 
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=851654&media_id=4 

北朝鮮の朝鮮中央通信によると、労働党機関紙・労働新聞は29日、日本の麻生太郎首相や安倍晋三元首相らが北朝鮮の人工衛星打ち上げと関連して「敵基地攻撃」論を唱えていることを批判し、「日本が再侵略戦争を挑発すれば、日本の全領土が(北朝鮮の)報復打撃圏から逃れられなくなる」と指摘した。 
 また、「われわれは、地上なら地上、海上なら海上、空中なら空中で日本軍国主義侵略者を無慈悲な報復打撃ですべて掃討する」と指摘し、「日本反動層は『敵基地攻撃』論が葬送曲をもたらすだけであることを忘れてはならない」と強調した。  

******************** 

クリップ某大国情報部より:北朝鮮は日本にミサイルを撃つ! 
http://www.nikaidou.com/2009/05/post_2774.php 

 某国のインテリジェンス機関より以下のような話があった。どこの国かは言えないが、ヨーロッパやアメリカ、ロシア、東南アジア、イスラエル、アフリカではない。ちなみに、北朝鮮でも韓国でも台湾でもない。ここまで言えばどこだかわかると思うが・・・ 

「なぜ、日本はカウンターインテリジェンスがないのか。表の外務省は外務省、裏は情報機関と決まっているのだが・・・日本がいつまでもカウンターパートを作ってくれないから、私たちもやりようがない。それはともかく、北朝鮮はミサイルの照準を日本に向けている。『日本に打ち込んだ場合、たぶんオバマは何もしてこないだろう。それを確認するためにも、一度試してみよう』とあいつらは言っているんだ。どう思う?打つのは核弾頭を搭載していない短距離ミサイルだ。(某国高級情報将校)」 

 ・・・上記の情報だが、「カウンターパートがいない」ので、「人を通じて」当サイトに流れてきた情報だ。なので、上記の情報自体が「様子見・おためし」の可能性はある。(本当は誰から聞いたのか言いたいし、それをいえば公安もすっ飛んでくるだろうが、約束があるので言えない。だから、こんなつまらんサイトで流している。それほどまでに日本の”情報”に対応する力は弱いのだ。) 

 話がそれたが、とにかく、関係各当局は上記の話を仮に本当だけと受け取ってみてほしい。そして、「準備(ミサイルに備えるとか、アメリカとの連携を協議するとか、『仮に日本は核武装するなら、3日で出来る』とかある程度の立場の人が言う←相手を牽制する、等様々な方法がある)」をはじめて欲しい。「準備」をする兆候を見せただけで、相手はやめるだろう。逆に「準備」もできないようであれば、本当に日本領海内あるいは最悪、日本の領土に落下させる可能性がある。落下してもアメリカ軍が動かない場合は日米安保破棄である。 

 情報をくれたエージェントは、「カネ出せば落ちない」旨のことも言っていたみたいが(それが本命臭いが)、あえてそこは書かないでおく。とにかく、上記のような情報が上がってきた。政府は、中山恭子とか南隆とか、役立たずのおばさんとアホな二重スパイのコラボに任せておかないで、きっちりと情報を拾ってこれる組織を作って欲しいものだが・・・。 

 私がここ10年情報をやってきたが、大国の高級情報将校が「北朝鮮は日本にミサイルを落とすと言ってるよ」とまで言及したのははじめてである。なので、おつたえした。素人の皆さんは、上記更新を「必ず北朝鮮がミサイルを日本に落とす」という風にとらえないで、「情報戦だ」という風にとらえて欲しい。まぁ、本当に撃ってくるかもしれないが。北朝鮮国内は相当追い詰められているので、はじけ飛んだらもう何でもありだ。

 

 


実際ミサイル落とされても、経済制裁と「遺憾の意」しか発射できない頼りない国を、誰が同盟国にしたいと思いますかね? 

 


一般市民の同情を集めることはできても、国際社会からは結局見殺しにされるでしょうよ。 

 


で、ミサイル発射成功した北朝鮮は自信を持って中東に兵器を売ることができ潤うんだろうね。 



最近、この言葉が心に響きます。 

 

 


「全くの無傷でいようとするから付け入られるわけで、 
危害を加えてくる相手には怪我をする覚悟を決めて対処するしかありません」 


「北朝鮮は脅威ではない。実際に北朝鮮が核を発射することもない」と楽観視できない理由は、北朝鮮が一発でも核を持つと大国と対等になれるし、 
兵器を中東へ売っちゃって世界が脅威にさらされる危険性があるからです。 
クリップ「情報BOX:軍事緊張あおる北朝鮮、高まる核拡散リスク」 
http://jp.reuters.com/article/worldNews/idJPJAPAN-38261220090528 
テロリストの手に渡ったら実際に使用するでしょうし。 


平和団体や9条支持者って以下のような思考です。 

室井佑月 
「もし他の国に襲われたら「やめてよ、やめてよ」と言って死んでいく」 

森永卓郎 
「仮にとんでもない奴が攻めて来たら、もう黙って殺されちゃえばいいんだと思うんです」「世界の歴史の中で、昔は日本という国があって、戦争をしなくって制度を守るんだって言い続けて、ああそんな良い民族が居たんだなぁと思えばいいんじゃないですか」と発言している。その他にも「北朝鮮が攻めてきたら竹やりで対抗すればよいから、自衛隊は要らない」 

きっと、実際に核が発射されたとしても、 
「北朝鮮を敵視し追い込んだ日本政府が悪い」って何でもかんでも日本のせいにするんだろうなぁ…。不思議な思考回路です。 



現実、何が恐いって、北朝鮮が政治力を持つようになることが恐いのです。 

 


戦争っていうのは何も戦闘だけではない。情報戦や心理戦、経済戦も含まれるんです。 

 


我々の血税が北朝鮮開発に莫大に使われることもありえるわけですよ。 

 


それで儲かるのは一部の人間だけです。 

 


日本と中国の今までの関係を見ればわかるでしょうに。 

 


2兆円ものODAであちらの役人は私腹を肥やし、ベンツ買ったりしたんだから。 

 

国を失う悲哀がわかる話「通化事件」

http://ameblo.jp/ganbaredameomajide/entry-11910359476.html

 

 

反戦運動家の正体
http://kanryuudaisuki.ldblog.jp/archives/38130300.html