日本は他国と全然違う。とくに大きな違いは、日本人は他人中心だということ。



相手の気持ちを考えて行動する。軋轢を好まず常に相手に不愉快な思いをさせないよう互いに気遣っている。



 

多くの外国人は「日本人は残虐である」と思い込んでいるが、目の前の日本人は優しい。外国人は現在の日本人をよく観察するべきだ、と著者は言う。 




学校で教わった日本人像は残虐そのものだったけど、著者が父から聞かされる日本統治下の様子は真逆だった。 




学校で威圧的に振る舞って生徒から怖がられたのは朝鮮人の先生。日本人先生は数段優しかった。体罰をするのは朝鮮人で、日本人はそれを止める方。 



ある時、日本人教師と共に下校した父は、犬を木に逆さ吊りにして棒で殴り殺そうとしていた朝鮮の男達に遭遇した。その光景に大層驚き、近づいていった日本人教師の「なぜだ?」という問いかけに、「こうして殺した方が、肉が引き締まってうまくなる」と答えた男達。





それを普通に日本語に訳した僕の父。日本人講師は、息も絶え絶えになっている犬を男達から買い取り、自宅に連れ帰って、その後その犬を育てた。 






オーストラリアに留学した時。韓国人同胞はクラスメイトに「日本人は過去のお詫びの気持ちも込めてアジア人に優しくするべきなのに、日本では酷い差別がある」「日本は世界でいちばん汚い歴史を持っている」「寿司や天ぷら、しゃぶしゃぶも、私の祖先達が日本人に教えてあげた」「日本のような恥ずかしい過去を持っている国に生まれてどんな気持ち?」と大声で話していた。 






彼は「日本人女性と付き合い、ひどい捨て方をしてやりたい。一人でも多くの日本の女とつき合って、泣かせて、復讐したい。日本の女にはどんな酷い捨て方をしたって悪いと思わない」真顔で言っていた。 




日本で暮らしていた時。知人の父親が大家をやっていた。外国人留学生にも分け隔てなく部屋を貸していた。苦情や滞納にも「苦労しているのだろう。




外国に来て寂しいのだろうから」と大目に見ていた。ところがある日、留学生は「なんで外国人を差別するんだ!」と電話で罵倒し、夜逃げしていった。




部屋は散らかり放題。保証人は「知らない。払わない」の一点張り。父親は「何か事情があったんだろう。仕方ない」と早々に諦めた。 




これに懲りて今後は外国人には貸さないだろうと著者は思ったが、父親は今も頼まれれば外国人留学生に部屋を貸し続けているという。 




著者は不良外国人によって、日本の美徳や治安が悪化することを懸念している。




日本は寛大すぎる。外国人は我慢しないが、日本人は我慢強い。外国人は日本人を理解しない。外国人は外国にいる身分でありながら、まるで自分の国にいるかのように押し通す。それによってダメージを受けるのは日本人の方である、と。 




日本人は、相手を持ち上げ自分を下げて話す。この謙虚な態度を外国人は弱さと受け取りバカにする。勝ち誇り見下す。 



著者は、隣りに引っ越して来た韓国人夫婦に、自画自賛と自慢話を何度も聞かされた。会うたびに。 



韓国のテレビも同じで、我が民族は素晴らしいと自画自賛一辺倒だという。日本を下げてわが国を持ち上げるのが当たり前そうだ。 



その哀れさ滑稽さに著者は笑うが、ほとんどの韓国人はそれが普通で疑問に思わない。 


外国人は失礼なことでも思った事をそのまま言う。 



「日本人はブスばかりなのに、あなたはキレイですね」「まだ子どもできないの?病気なんじゃないの?」と平気で言う。


 

日本人はお世辞を言う。媚びへつらいではなく相手への配慮として。 



だが外国人はお世辞を理解しないので、お世辞を真に受けて調子にのるか、全部ウソだと思い込むかの極端な捉え方をする。 



なるほど、韓国人と日本人が集まると「韓国絶賛、日本否定」にしかならないのは当然だ。

 

 

 

 

僕が親日になった理由/夏目書房
¥1,944
Amazon.co.jp

参考に移民過去記事
 
タイトル 日本は移民で終了する
 

━─━─━─━─━─

 

 

 

 

「日本は移民に占拠される」20年前に仏政治家が警告していた

 

 

 8月にイタリア、フランス、オーストリアに滞在した作家の落合信彦氏は、ヨーロッパの「劣化」を実感したという。治安の悪化、勤労意欲の低下、そして移民受け入れによる文化の衰退。稼ぐ国が稼がない国を養っている状態で、稼ぐ国の国民に蔓延する不満──落合氏は、EUが確実に崩壊に向かっていると指摘する。そして、「移民」に関し、移民先進国の政治家が日本に警告していた内容を明かす。



 ヨーロッパがこうした状況に陥ることを早くから予見していた男がいる。フランスの国民戦線党首だったジャン=マリー・ル・ペンである。彼はいまから20年以上も前から、ヨーロッパ統合や移民受け入れの危険性を提唱していた。

 本誌1992年5月28日号のインタビューで、彼はこう語っていた。



「私の言っていることは人種差別ではありません。それぞれの国民が生まれた土地のアイデンティティを大事にし、美しさを守るのは他者への尊重と言うべきでしょう? 私が移民に反対するのはそういうことからなのです。




 ところが我がフランスでは、社会主義的な考え方から、たとえ不法労働者でも同じように扱うという思想がある。(中略)


まさにこれ。↓

 

社会主義と人権思想が残酷を超えた残酷を生み出す
http://ameblo.jp/ganbaredameomajide/entry-11799737607.html





それどころか失業保険をつけ、教育も医療も補助を受けられる。そうなると自分の国なんか放り出して、何もしなくても100倍のカネが入るフランスに来るわけですから



 私が「日本でも外国人労働者にどう対応していくかということが問題になっている」と持ちかけると、彼は大きく頷きながらこう答えた。





「気を付けなくてはいけない。日本が少しでも気を緩めると移民に占拠されますよ。私は5年前にイタリアの人々に言ったんだ。今のうちに移民対策をプログラムに入れておかなければ駄目だと。いやウチは移民を出すほうだと本気にしなかった。ご覧なさい。150万人の移民が入ってきている。ヨーロッパの一番貧しい国でも第3世界の一番金持ちのところにくらべたら、ずっと上なんです。日本もここからが正念場ですよ」




 当時、危険な極右とみられていたル・ペンだが、その後移民の拡大と比例するように支持率を伸ばし、後を継いだ娘のマリーヌ・ル・ペンは、次期フランス大統領の有力候補にまで上り詰めた。
                        

※SAPIO2014年11月号

 

 


 日本では、いよいよ労働者が不足しているから移民を受け入れるべきだという議論が政府内で活発化している。
 


 だが、それは日本文化を崩壊させ、日本が日本でなくなってしまう危険性を孕んだ政策であることを、政治家たちはどれだけ認識しているのだろうか。
 



 アメリカは移民を受け入れることで発展したではないか、という人もいるだろう。しかし、いまやアメリカでも本当に優秀な人材は来なくなり、エクアドルやホンジュラスといった国々からただ食い扶持を求めるだけの不法移民が増えているのが現実だ。




 彼らは子供をテキサスやニューメキシコの国境沿いまで送り込む。兵士も警察も子供相手には発砲できないことを分かっているから、まず子供をアメリカに不法入国させるのだ。そうして、あとからその両親や家族が入り込むという算段だ。オバマがそれを黙認することで、どんどん国力が低下している。
 


 しかも、アメリカやイギリスをはじめ世界各国で、移民たちがイスラム過激派に転身し、テロ行為に走るということが相次いでいる。


 
 こうした事態は、対岸の火事ではない。



いま中国では、『日本でタダで生活する方法』といった類いの本が売れていると聞く。




日本に来て生活保護を受ける方法などが事細かに解説されているというのだ。移民を受け入れれば、大量の中国人を日本人の税金で養うことになるだろう。
 


 ヨーロッパの現実を、恐らく日本の政治家たちは知りもしない。ガイドに任せっきりの外遊ばかりでは、その国の本当の姿や人々の本音など、分かるはずがない。



現実から乖離した議論だけで移民受け入れが決まるとすれば、あまりにも危険である。
 


 そういえばル・ペンはインタビューの際、こんなことも言っていた。
 
「あなたは日本人だ。日本人には日本の国家というものがある。これが世界を面白くしている。国家のボーダーを取りやめて、一緒になろう、仲良くやりましょうなんて、そんなのは子供のそら言だ」



SAPIO2014年11月号
(転載終了)


 

 


この動画を見ても移民を受け入れた国は幸せは見えますか?たった4分の動画です。見てください。
 

 

 

 


移民を受け入れたら、レイ○多発。現地の人が住めないほど治安が悪化。そして、現地の人の人権がなくなり、言論の自由すらもなくなった。


日本の未来をスウェーデンに見ることが出来ます。







仲良くしましょう!話せばわかります!だから困ってる彼らを受け入れましょう!お花畑が言うこの言葉は、平和に思えるが違う。






彼らは危機感が著しく欠如している。





彼らは理想の平和を重視し現実の破壊を見ることができない。







この世には共産主義と資本主義があるように平和主義と対をなすもう一つの主義がある。




弱肉強食主義。



なぜこの原理で動いている国がいまだ多数あることを考慮できない。




弱肉強食主義の国に平和主義の国は必ず食われる。それが移民問題にも良く表れている。






日本ほど危機感が欠如した国はない。つまり占領や洗脳をしやすい。







中国は20年後に日本は無くなっているだろうと公言しているが確実にその道を自ら歩んでいる。









正義は国の数だけあり国ごとに正義の定義が違う。
 


日本の正義が正義とは限らない。思いやりが感謝に変わるか。相手にとって便利だと思われ利用されるだけになるのかわからない。




だからこそ万が一の備えを持つのは大事なのに信頼や思いやりが最強と思う日本人はそれを自らの手で放棄しようとしているのである。

 

 

 

 

 

 

残念ながら平和は与えられるもの。心に宿るものではなく悪の理論で動くこの地球上では悲しいことに平和は勝ち取るものなのだ。







呉善花(元韓国人)

一般の韓国人は日本人をお金としかみていない。

ゆえに無条件に「こちらを助けてくれるでしょう」というスタンスでくる。

しかも、助ければ感謝の気持ちをもたれるかというと、そうでもない。

逆に、小さな援助では「私の価値はこれしかないのか」と、さらに怒ってくるほどだ。

日本人は、汗も流さないでタダで助けてもらうことはみっともないと感じる。

だが韓国人は、汗をかかないでタダで助けてもらえれば、それは自分に力があるからだと考える。

これは政治も同じで、韓国人は、日本が韓国を助ければ「助けるほどの価値がこちらにある」「助けないとあなたが困るからだ」と考える。

だから助けたとしても絶対に感謝を表明しない。

謝罪も同じで、心を込めて謝るといったことは通用せず、「では、その気持ちを金で表せ」と言ってくる。

そしていったん助けたら一生、お金を出し続けなければいけない。

 


バーナード・ショー
愚か者でないかぎり、誠実であることは危険である。


テオグニス
悪い人間に親切をすると二度ひどい目にあう。金を失って、しかも感謝されない。


マキャベリ
貧しい兵士にとって最大の報酬は、丸腰の何もできない金持ちの男だ



忍耐と寛容をもってすれば、人間の敵意といえども溶解できるなどと、思ってはならない。


報酬や援助を与えれば、敵対関係すらも好転させうると、思ってはいけない。 

マザーテレサ
自分の国で苦しんでいる人がいるのに他の国の人間を助けようとする人は、他人によく思われたいだけの偽善者である


我が国以外は全て仮想敵国である
 -チャーチル 


善意に満ちた制度は弱者よりも悪意に満ちた強者に有効的に使われるようになる。
-だめ男


優先するのは現実的な安全であり理想的な綺麗事を優先すれば取り返しのつかない破壊がくるだろう。
-だめ男



人に良く思われたくて綺麗事しか言わない人がいます。犯罪に巻き込まれ、殺され、強姦され、英霊を侮辱され、国益を損なった日本に対しては何の心情もない、被害者に対する心情も全くない。9条信者にしろ、スパイ防止法反対派にしろ、現実に今も侵略され、虐殺され、領土を奪われている国々があるのに、なぜいつまでもお花畑で夢見ている事ができるのか、本当に不思議ですね。現実が見えず、綺麗ごとだけを言ってる偽善者は「公共の害毒」としかいいようがありません。
匿名者

 

 





『民間防衛』より引用。 

「我が国の安全保障は、我々軍民の国防努力いかんによって左右される。(小略)我々が個人的に、集団的に、今日決意したことによって明日が左右されるのである。 
親たちが我々のことを心配してくれたように、我々も子供たちのことを考えよう。 自由と独立は、我々の財産のなかで最も尊いものである。自由と独立は、断じて与えられるものではない。自由と独立は、断えず守らねばならない権利であり、言葉や抗議だけでは決して守り得ないものである。手に武器を持って要求して、初めて得られるものである



愛しなさい。そしてあなたが望むことを行いなさい。沈黙するときは、愛のゆえに沈黙しなさい。語るときは、愛のゆえに語りなさい。罰するときは、愛のゆえに罰しなさい。ゆるすときは、愛のゆえにゆるしなさい。愛に根ざしなさい。愛という根からは、善のほかは何も生まれないからです。
聖アウグスティヌス


しかし、この素晴らしき言葉にも例外があるのです。あなたが悪と呼ばれる者と対峙する時。彼に心があれば改善します。彼に愛があれば他人に愛を与える人になれます。

 

 

愛の力は偉大です。しかし、思い出してください。

 

神の世界でも悪はいるのです。あなたの目の前にいるのが愛に飢えた善人なのか。愛をむさぼり苦しめるだけの獣なのか。愛を持って悪を見つめる強さは必要なのです。

 

 

そうしなければ、獣を助けるために清き人が犠牲になります。神が悪を見極め裁くように、あなたも悪を受け入れなさい。

 

 

悪を理解し受け止め、更に光れる強さと優しさを持ちなさい。その強さが今まで以上に人を救うことになるでしょう。
だめ男

 
 
 
今の地球は悪の理論で動いている
http://ameblo.jp/ganbaredameomajide/entry-11911421705.html