てれぱしー | Perfume酔い_かもね
2010-07-14 00:02:30

てれぱしー

テーマ:Perfume
お邪魔します。

界隈は新曲の話題で持ちきりです。
でも、私はこちらを上げてからゆっくりと(笑。

といいながら"575"少し聞けます。
iida


いつもながらのLOCKS!ネタでございます。かなり遅れてますが(笑。
どうしても書きたくなりますね~。
要は好きなんですよ、ガールズトーク。
え?あ、すみません、妄想もです(笑。

では。

---------------------------------------------

今年の梅雨はいつになく激しく降るようだ。
ゲリラ豪雨のせいか幹線道路の渋滞はいつもより酷く、もうかなりの間止まったままだ。

動かしていたワイパーを止めてみる。
フロントガラスはみるみる雨粒で濡れ、流れる雨でユラユラと街並みがゆれてくる。

外と切り離された車の中。

ボーっとしていた。


(ねぇ)


呼ばれた様な気がして思わず瞑想から覚めた。
何も変わらない渋滞と、激しい雨音。
そしてカーステレオから聴こえるポリリズム。

気のせいかな。


(ねぇ、聞こえる?)


確かに呼ばれた。
慌ててカーステレオのボリュームを下げて耳に神経を集中させる。
小さくて、エフェクトがかかっているが、ハイトーンの優しい包み込む様な声。


(聞こえてる?)


確かに聞こえる。でもそれは雨が降る外からではないようだ。
かといってカーステレオでもないし、ましてや車の中でもない。

頭の中?


どうしても声の主を確かめたくて、突き動かされるようにハンドルを切った。
隣のタクシーにクラクションを鳴らされながらも渋滞から抜け、脇道に入る。

聞こえてくるその声を頼りに幾つかの角を曲がり、ある路地に入った。
その路地は、ガラス張りのショーウィンドウが連なり、どのショップも綺麗にレイアウトされ、照明に美しく映えている。

こんな所、あったかな。フランスの街角みたいだ。


(聞こえてる?)


ああ、聞こえてる。はっきりと。確実に接近しているようだ。
程なく路傍に立つ女性が視界に入る。

彼女だと直感がはたらく。

ワンピースを着る姿勢の良いその姿は、とても清楚な感じだ。

ゆっくりと車を彼女の前に寄せて止める。
ウィンカーの黄色い光に照らされた傘をさす彼女は目を閉じ、うつむいていた。


助手席のウィンドウを下げながら、運転席から彼女に声を掛けようと頭を下げると、うつむいていた彼女は目を開け、腰を屈めて顔を傾げた。

今度はその口元から、優しい声が耳に伝わる。


「聞こえたみたいね、待ってたよ」



街灯に照らされたモノトーンの彼女がはっきりと見えた。

夜の闇を押しのけ、雨の鬱陶しさを消し去るその眩しいまでの笑顔。

まるで天使のような笑顔だ。


そこに立つのは、あ~ちゃんだった。


周りの雑音は彼女の存在によりすーっと消え、彼女の周りから光が漏れて来るのが見えたような気がした。


「待ってたよ」


そう言って何の疑いもなく微笑み、包み込む彼女。



・・・なぜ、どうやって引き寄せられ、ここにいるのか。




さあ、週も半ばになります、頑張って行きましょう。


お邪魔しました。

GAME-edgeさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス