新生Perfume物語 | Perfume酔い_かもね
2010-06-23 00:37:33

新生Perfume物語

テーマ:Perfume
届け!この想い

妄想触発 街行く猫だって…

もうすご過ぎです。こんな泣ける記事書けるなんて。最高です。
Perfumeへの愛、MAXです。
という訳で私も行ってみたいなと。スピンオフ?いえいえ、とんでもないです。いつもの他愛のない妄想ですから。



一時はどうなる事かと心配された東京ドーム。直前まで満席になるかわからなかった。無責任な報道や、いわれの無い噂。嫌でも耳に入ってきていた。チケットはファンのみんなに渡っているのだろうか。

それが幕が開くと同時に地鳴りのようにドームを震わす声援、そしてみんなの顔、顔、顔・・・。
文句のない満席だった。


かしゆかは涙が止まらなかった。

みんな、本当に、本当にありがとう。
あ~ちゃんじゃないけどありがとう以上の言葉があればいいのに。どうやって表現したらいいの?感謝してもしきれない。

ここまであきらめずやってきてよかったよ。

やばいよ、涙で前が見えないよ。みんな。


のっちは笑いが止まらなかった。

すげーよ、みんな。声がビシビシ伝わってくる。かっけーよ、みんな。想いがどんどん突き刺さってくるよ。

なんなんだー?この高揚感。すごいよ、初めてだよこんなの。これがドームかあ?これが5万5千人のパワーなの?

もう、笑うしかないね!みんな!行くぞーー。おら、おらあーついてこいよ!


いつにもましてキレのあるダンス、飛び交うレーザー、響き渡る重低音。
最高のパフォーマンスを見せてくれる彼女達。

そしていつものMC。涙で詰まりがちなかしゆかを、のっちがフォローしながらあ~ちゃんと進めていく。

どんどんファンを引き込み、一体感と共にコンサートは佳境へ入る。みんなに終わらない感動を与え、コンサートは無事終了。

そしてアンコール。


アンコールの後、いつものように深々と頭を下げて感謝を表す彼女たち。

いつまでも拍手は鳴り止まず、歓声はいつまでも続いていた。

頭を上げた彼女達、あ~ちゃんが一歩前へ出てきた。真面目な顔をして何かを伝えようとする彼女。

すーっと、歓声が消え、5万5千人の目があ~ちゃんに注がれる。


「みんな、今日は来てくれて本当にありがとう。今日もみんなに沢山の元気をもらいました。」
「本当に、本当にありがとう。」

湧き上がる拍手。

「今までの10年間、思えば長いんだけどあっという間の出来事でした。本当なら私たちがみんなに元気をあげ続けなければいけないのに、いつももらっているばかりでごめんなさい、本当にありがとう、感謝の気持ちいっぱいです。」
「今日のドームも今までいただいた10年分と同じくらいの元気をいただきました。でもねみんな、貰うだけじゃあダメなんよ。」

あ~ちゃんは、かしゆか、のっちの顔を見た。
かしゆかはもう泣いていなかった。
のっちは軽く頷いた。


「このドーム公演で、Perfumeは一旦終わりにしたいと思います。」


しばし静寂が続き、ドームは悲鳴のような叫びがあがった。何故?どうして?
活動休止?もしかして解散か?
突然の出来事にファンは今、目の前で起こっている事が理解できない。


「みんな、聞いて!」

あ~ちゃんが叫んだ。再び訪れる静寂。みんなが固唾を呑んで彼女を見守る。
何が起ころうとしているのか。

「今日でみんなから元気を貰うばかりのPerfumeは終わりにします。

こ、れ、か、らは、いい?みんな、

今までの10年間、みんなに沢山、本当に沢山貰った元気を今度はみんなに返しに行こうと思っています。

私達はこのドームを、新しいPerfumeのスタートにしたいと思っています!

これからのPerfumeは、今までみんなにもらい続けた元気を返しにいくけぇね。みんな、受け取ってくれるよね」

のっちが叫ぶ。
「ツアー行くからねー。今まで行けなかった所も行くよ、みんな!ガンガン元気飛ばしちゃうよ~」

かしゆかも叫んだ。
「もっともっとみんなに会いに行くからね。待ってて。」


「みんなの所へ元気を届けに行くよー!」


ツアーの告知を受け、ドームは先ほどの静寂が嘘のようにいつまでも歓声が鳴り止まなかった。




年が開けて気持ちの良い晴天が続く5月、彼女達は沖縄に向かう飛行機に乗り、雲上の人となっていた。

「あ~ちゃん、あの子来てくれるかな」

「そうじゃね、来てくれたら嬉しいね。のっち、あの時の彼に貰った元気があればこそ、今の私達がいるんよ」
「だからこのツアーはどうしても沖縄から始めたかったんよ」

「うん、そうだね」

「会えたらいいね」
とかしゆか。

「そうじゃね」

那覇空港に近づいた飛行機はするすると高度を下げていき、沖縄に到着した。

「さあ、行こうか。」とあ~ちゃん。

「行こう行こう、みんなに会いに行こう」とのっち。

「みんなに元気を届けに行こう」とかしゆか。


「ねえ、ちょっとは元気、貰っちゃってもいいかなあ」
のっちが悪戯っぽく笑って言った。

「そうじゃね~貰っちゃおっか~」
のっちに応えるあ~ちゃんとかしゆか。

笑いながら空港を後にした彼女達はそのままLIVE会場に向かった。


新生Perfumeの最大で最長であろう全国縦断ツアーは、ここ沖縄でスタートをきった。

GAME-edgeさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス