バランスポーズで意識したい事。 | 身体の硬い人の為のヨガスタジオ 顔晴るジムのスタッフブログ

身体の硬い人の為のヨガスタジオ 顔晴るジムのスタッフブログ

身体の硬い人はいません。
いるのは、身体の硬くなる使い方をしている人だけです。


テーマ:

おはようございます。顔晴るジムの尾崎です。

 

 

木のポーズ(ヴリクシャーサナ)などのバランスポーズを練習する時に、

フラフラせずにピタッと止まる事を目指す方が多いと思います。

もちろん、悪い事ではありません。

 

でも、ピタッと止まるという事だけが目的になってしまうと、

脚力で踏ん張って止まろうと思えば止まれなくはありません。

ただ、それだと何か別の動きに移行した時に、身体の繋がりは感じられません。

 

その状態よりは、多少フラフラしたとしても、

下っ腹が意識できていて、身体の繋がりを保てている方が意味があると僕は感じます。

 

 

「身体の繋がりを感じた結果、楽にバランスが保てる」というのが理想です。

いきなりそれは難しいと感じた場合は、例えば爪先を床に着けたまま繋がりを保つ練習をして、

(土台をしっかりさせるという意味でも、まずはキチンと両脚で床を押せるか確認しましょう)

 

慣れてきたらゆっくりと足を上げてみましょう。

 

余裕がない状態で見た目だけを取り繕うよりも、

余裕がある状態で身体を観察して、多くのものを感じ取った方が練習が洗練されます。

あれこれと余裕を感じる為の工夫をするのも練習の一環ですね。

 

 

 

 

 

毎週金曜日にグループレッスン、開催しています。

詳しくはこちらへ。

 

このブログはランダムな内容で感覚的な事も多く書いてあるので、

難しく感じる方もいらっしゃると思います。

パーソナルヨガレッスンでは、文章だけだと伝わりにくい事をレッスンしています。

ブログを読んで感覚や理解を深めたいと思った方は、是非ご体験ください!!

コース案内

アクセス
メールでお問い合わせ
03-6908-2515

 

目白 身体の硬い人の為のパーソナルヨガスタジオ 顔晴る(がんばる)ジム

◆営業時間 11:00~20:00(完全予約制のため、早めにクローズする場合があります)

◆場所 東京都新宿区下落合3-17-32 フルールビル303 JR目白駅より徒歩4分

gambaru-yogaさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス