力が入れられますか? | 身体の硬い人の為のヨガスタジオ 顔晴るジムのスタッフブログ

身体の硬い人の為のヨガスタジオ 顔晴るジムのスタッフブログ

身体の硬い人はいません。
いるのは、身体の硬くなる使い方をしている人だけです。


テーマ:

おはようございます。顔晴るジムの尾崎です。

 

 

顔晴るジムでは、その体勢になった時に力が入るか(押せるか)どうかを大切にしています。

力が入る=力を入れるだけの余裕がある、とも言えます。

という事は、自分の身体がキチンとコントロール出来ている状態なので、危険回避に繋がります。

 

ポーズを深めようと思えば深められるけど、それ以上深めようとすると力が入れにくくなったり、

呼吸が乱れてしまうといった場合は、深めない選択をおすすめします。

深める前に、その体勢でまだ出来る事や洗練させるべき要素があるはずです。

 

 

ねじった体側を伸ばすポーズ(パリヴリッタ・パールシュヴァコーナーサナ)を例に挙げてみましょう。

少し頑張ればポーズはとれる。

でも、身体を観察する余裕があまりない。

 

であれば、もう少し楽な体勢に戻りましょう。

 

そのうえで、

吸う息に合わせて真ん中(下っ腹)に力を集めるイメージで、

膝上の筋肉を鼠径部に向かって引き込めないかなはてなマーク

※両足とも引き込めると素敵です。

 

真ん中をキープしたまま、吐く息に合わせてマットを押せないかなはてなマーク

 

腹筋を引き込んだ力を通じて、体幹のねじりを深められないかなはてなマーク

などを観察します。

 

それでも難しければ、

活き活きした進む馬のポーズ(アシュヴァ・サンチャラナーサナ)などもおすすめです。

先ほどの体勢よりも両手をマットに着ける分、より安定しやすいです。

同じように、この状態で腹筋が引き込めるかどうか、足でマットを押せるかどうかを観察します。

 

という風に、

「より楽に、その感覚を掴める方法はないかなはてなマークと僕は練習を積み重ねています。

そうすると、限界ギリギリまで頑張った時よりも多くの感覚を得やすいです。

 

頑張ったのに意外と見返りが少ないって悔しいですよね。

そうならない為にも、常に余裕が感じられる状態で練習を楽しみましょうビックリマーク

 

 

 

 

 

4月7日から毎週金曜日にグループレッスンが始まりました。

詳しくはこちらへ。

 

このブログはランダムな内容で感覚的な事も多く書いてあるので、

難しく感じる方もいらっしゃると思います。

パーソナルレッスンでは、文章だけだと伝わりにくい事をレッスンしています。

ブログを読んで感覚や理解を深めたいと思った方は、是非ご体験ください!!

コース案内  

アクセス  
メールでお問い合わせ
03-6908-2515

 

目白 身体の硬い人の為のヨガスタジオ 顔晴る(がんばる)ジム

◆営業時間 11時~20時

(完全予約制のため、早めにクローズする場合があります)

◆場所 東京都新宿区下落合3-17-32 フルールビル303

JR目白駅より徒歩4分

gambaru-yogaさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス