ただただ気持ち良さを追及していたら・・・。 | 身体の硬い人の為のヨガスタジオ 顔晴るジムのスタッフブログ

身体の硬い人の為のヨガスタジオ 顔晴るジムのスタッフブログ

身体の硬い人はいません。
いるのは、身体の硬くなる使い方をしている人だけです。


テーマ:

こんにちは。顔晴るジムの尾崎です。

 

 

今回は、昨日の記事での、僕が実際に取り組んだ練習を紹介します。

 

まずは、自分の身体の状態を確認する為に、

無理のない範囲で開脚前屈(ウパヴィシュタ・コーナーサナ)をしてみました。

この時の僕は、お尻と太ももの付け根辺りに痛み&引っかかりを感じました。

 

なので、壁を押す力を通じてお尻に力を伝えて、お尻を動かす練習をしました。

 

座った状態でも同じ練習を試してみた結果、痛みや引っかかりが減っていました。

 

しかし、まだ若干の違和感は残ったので、楽に練習するアイデアの一つとして膝を曲げました。

 

そうすると、より頑張らないで押せる分、余裕があるからか

「試したら気持ち良さそうだ」という直感があり、

脚の下に腕を潜らせて片側ずつ亀のポーズ(クールマーサナ)をしてみました。

 

「腹筋が引き込めると、もっと気持ち良くポーズが深められるんじゃないか」と感じたので、

日課である腹筋の引き込みの意識を練習しました。

※見えない天井を押すイメージで踵を押し出して、その力を通じて腰・お尻の辺りを床に押し付けます。

 

※壁を押した力を通じて腰・お尻の辺りを床に押し付けたまま、上半身を起こしていきます。

 

その結果、亀のポーズが気持ち良く深まりました。

でも、深まったがゆえに、上半身の詰まりも感じました。

 

なので、頭を膝に着けるポーズ(ジャーヌ・シールシャーサナ)で上半身を気持ち良く動かしました。

 

そんなこんなをしていたら、

「腹筋を引き込み続けたまま、呼吸に合わせて身体を倒していったら気持ち良く開脚できそうだな」

と感じました。

試してみたら、はじめて胸がマットに着きました。

 

 

これが僕が取り組んだ練習です。

ただ、あくまで一例なので、この通りに練習すれば開脚が深まるというものではありません。

(僕自身でも、同じ練習をしても同じ結果が得られる訳ではありませんから)

 

でも、

「あまり結果を意識せず、ただただ気持ち良さを追及していたら、たまたま嬉しい結果が出た」

というのは多くの方に当てはまるキーワードではないかと思います。

 

僕も結果を狙いにいっている時は上手くいかない事が多いです。

仮にそれで上手くいったとしても、自分の予想した範囲内の事しか起きません。

今回の僕に起こった出来事は、自分の予想を超えた、完全にギフトです。

 

ゆるゆると楽しく練習していたら、皆さんのもとにもギフトが届くかもしれませんよ (^o^)/

 

 

 

 

 

4月7日から毎週金曜日にグループレッスンが始まりました。

詳しくはこちらへ。

 

このブログはランダムな内容で感覚的な事も多く書いてあるので、

難しく感じる方もいらっしゃると思います。

パーソナルレッスンでは、文章だけだと伝わりにくい事をレッスンしています。

ブログを読んで感覚や理解を深めたいと思った方は、是非ご体験ください!!

コース案内  

アクセス  
メールでお問い合わせ
03-6908-2515

 

目白 身体の硬い人の為のヨガスタジオ 顔晴る(がんばる)ジム

◆営業時間 11時~20時

(完全予約制のため、早めにクローズする場合があります)

◆場所 東京都新宿区下落合3-17-32 フルールビル303

JR目白駅より徒歩4分

gambaru-yogaさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス