伸ばす事だけに固執せずに。 | 身体の硬い人の為のヨガスタジオ 顔晴るジムのスタッフブログ

身体の硬い人の為のヨガスタジオ 顔晴るジムのスタッフブログ

身体の硬い人はいません。
いるのは、身体の硬くなる使い方をしている人だけです。


テーマ:

おはようございます。顔晴るジムの尾崎です。

 

 

開脚前屈(ウパヴィシュタ・コーナーサナ)の練習をしている時に、

多くの方が、膝を伸ばしたまま身体を倒そうとしがちです。

決して間違いではありませんし、それで気持ち良く身体を倒せれば素敵な練習方法です。

 

でも、それだとしんどい場合は膝を曲げて、お腹と太ももをつけましょう。

 

お腹と太ももが離れないようにキープしたまま、背伸びをしながら膝を伸ばしていきます。

太もも裏のストレッチがメインの目的ではないので、

筋肉を伸ばす事よりも、お腹と太ももが離れないようにしたまま背伸びする事を優先させてください。

膝は伸びきらなくても全然構いませんので、その代わりにお尻が動く感覚が掴めると素敵です。

 

お腹と太ももが離れないようにキープする為には、腹筋の引き込みがされていないと難しいです。

なので、自然と腹筋の引き込みが意識しやすくなります。

 

腹筋が引き込めていると、

・股関節が支点になりやすい。

・引き込む事で坐骨で床を押せるので、それを通じて背伸びがしやすい。

・引き込む事で鼠径部の辺りにスペースが出来て、身体が折りたたみやすい。

などのメリットがあります。

 

片脚ずつ練習して、

 

両脚にチャレンジすると比較的やりやすいです。

 

 

それでも難しい場合は、立位の前屈(ウッタナーサナ)や、

 

体側を強く伸ばすポーズ(パールシュヴォッタナーサナ)などで同じ感覚を掴みましょう。

いずれも、伸ばそうとするよりも、お腹と太ももをくっつけたまま背伸びする事を優先させてください。

 

 

もちろん筋肉を伸ばす事は有効です。

でも、あくまで数ある方法の一つにすぎません(今回、僕が提案したものも一つの方法にすぎません)。

一つの方法のみに固執すると行き詰まってしまう事が多いのも事実だと思います。

 

例えそれが効果的だったとしても、そこで思考が止まってしまう事は問題です。

柔らか頭で物事を捉えたいですね。

 

伸ばすというよりは、

「その体勢をキープしたまま、いかにして動いていない部分を動かすか」と考えられると、

今までとは少し違った景色が見えてくるかもしれません。

 

 

 

 

 

4月7日から毎週金曜日にグループレッスンが始まりました。

詳しくはこちらへ。

 

このブログはランダムな内容で感覚的な事も多く書いてあるので、

難しく感じる方もいらっしゃると思います。

パーソナルレッスンでは、文章だけだと伝わりにくい事をレッスンしています。

ブログを読んで感覚や理解を深めたいと思った方は、是非ご体験ください!!

コース案内  

アクセス  
メールでお問い合わせ
03-6908-2515

 

目白 身体の硬い人の為のヨガスタジオ 顔晴る(がんばる)ジム

◆営業時間 11時~20時

(完全予約制のため、早めにクローズする場合があります)

◆場所 東京都新宿区下落合3-17-32 フルールビル303

JR目白駅より徒歩4分

gambaru-yogaさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス