腕の引き込み。 | 身体の硬い人の為のヨガスタジオ 顔晴るジムのスタッフブログ

身体の硬い人の為のヨガスタジオ 顔晴るジムのスタッフブログ

身体の硬い人はいません。
いるのは、身体の硬くなる使い方をしている人だけです。


テーマ:

おはようございます。顔晴るジムの尾崎です。

 

 

床を押した力を通じて、膝上の筋肉を鼠径部に向かって引き込む事で、下っ腹に力が集まります。

それにより、身体の繋がりが深まって動員できる筋肉が増えるので、楽に動けるようになります。

 

 

上半身でも同じ意識が出来ると繋がりが深まります。

例えば合掌をする時、これだと肩や腕の力で押し合うイメージになりますが、

 

体温計を挟むように脇をしめつつ、

肘から上の骨(上腕骨)を肩甲骨に向かってはめ込むイメージで腕を引き込むと、

肩甲骨から押し合う感覚になります。

この時に、下っ腹も意識しやすくなっていると感じられると素敵です。

※はめ込むと言っても、上腕骨が外れている訳ではありません。

楽に力を発揮できるポジションにはめ直すというイメージです。

 

 

この感覚をプランクポーズに当てはめてみましょう。

これだと腕だけで身体を支える事になるので、結構しんどいです。

 

なので、合掌の時と同じように脇をしめつつ腕を引き込むと、こうなります。

下っ腹で身体を支える感覚になれば素敵です。

 

 

腕の引き込みが意識できると、

肩からではなく肩甲骨から腕というイメージになるので、首や肩にかかる負担が軽減されます。

また、下っ腹にも力が入りやすくなるので、全身の繋がりも深まります。

 

腹筋の引き込みと同じくらい大切な要素になるので、ぜひ感覚を掴みましょうビックリマーク

 

 

 

 

 

4月7日から毎週金曜日にグループレッスンが始まりました。

詳しくはこちらへ。

 

このブログはランダムな内容で感覚的な事も多く書いてあるので、

難しく感じる方もいらっしゃると思います。

パーソナルレッスンでは、文章だけだと伝わりにくい事をレッスンしています。

ブログを読んで感覚や理解を深めたいと思った方は、是非ご体験ください!!

コース案内  

アクセス  
メールでお問い合わせ
03-6908-2515

 

目白 身体の硬い人の為のヨガスタジオ 顔晴る(がんばる)ジム

◆営業時間 11時~20時

(完全予約制のため、早めにクローズする場合があります)

◆場所 東京都新宿区下落合3-17-32 フルールビル303

JR目白駅より徒歩4分

gambaru-yogaさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス