様々な動きに活かせます。 | 身体の硬い人の為のヨガスタジオ 顔晴るジムのスタッフブログ

身体の硬い人の為のヨガスタジオ 顔晴るジムのスタッフブログ

身体の硬い人はいません。
いるのは、身体の硬くなる使い方をしている人だけです。


テーマ:

おはようございます。顔晴るジムの尾崎です。

 

 

苦手な方も多いかと思いますが、腹筋の引き込みの意識はやっぱり大切です。

あがらをかく時も、開脚をする時も、前屈をする時も必須です。

これらの動きを深めたいのであれば、

意識できた方が良いというレベルではなく、意識できないと難しいよ、というレベルです。

 

 

いくつかの動きを例に挙げてみましょう。

まずはダウンドッグから。

腹筋の意識が高まると、これが

 

こうなります。

ダウンドッグは前屈・後屈両方の要素を含んでいます。

 

 

次はパリヴリッタ・パールシュヴァコーナーサナです。

腹筋の意識が高まると、これが

 

こうなります。

パリヴリッタ・パールシュヴァコーナーサナは回旋(ねじり)や対角線運動の要素を含んでいます。

 

 

前屈・後屈の要素はあぐらや開脚などに活きますし、

回旋や対角線運動の要素は歩行などに活きてきます。

そう考えると、改めて「ヨガのポーズって良く出来てるな~」と思います。

すごく日常動作に即していていますので、

ヨガはヨガ、日常動作は日常動作、みたいに分けて捉えてしまうともったいないですよ。

 

腹筋の引き込みの意識が高まると、色々な動きが洗練されるのは分かっていただけたと思います。

 

また、腹筋の意識が高まると、その動きがしやすくなるというだけでなく、

例えば開脚をする時なら内ももや腰などを守ってくれます。

ですので、安全に練習を積み重ねるという意味でも腹筋は必須事項です。

※おススメの腹筋の練習方法はこちらまで

➡︎腹筋の引き込みの恩恵は凄いです。

➡︎キツ楽しい。

 

腹筋はキツいというイメージがあると思います。

でも、出来るだけキツくない練習方法を試行錯誤するのも練習の一環です。

楽に楽しく練習できる方法はないかなはてなマークと探していると、色々な気付きが得られますよ。

 

 

 

 

 

4月7日から毎週金曜日にグループレッスンが始まりました。

詳しくはこちらへ。

 

このブログはランダムな内容で感覚的な事も多く書いてあるので、

難しく感じる方もいらっしゃると思います。

パーソナルレッスンでは、文章だけだと伝わりにくい事をレッスンしています。

ブログを読んで感覚や理解を深めたいと思った方は、是非ご体験ください!!

コース案内  

アクセス  
メールでお問い合わせ
03-6908-2515

 

目白 身体の硬い人の為のヨガスタジオ 顔晴る(がんばる)ジム

◆営業時間 11時~20時

(完全予約制のため、早めにクローズする場合があります)

◆場所 東京都新宿区下落合3-17-32 フルールビル303

JR目白駅より徒歩4分

gambaru-yogaさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス