人間の身体の面白さ。 | 身体の硬い人の為のヨガスタジオ 顔晴るジムのスタッフブログ

身体の硬い人の為のヨガスタジオ 顔晴るジムのスタッフブログ

身体の硬い人はいません。
いるのは、身体の硬くなる使い方をしている人だけです。


テーマ:

おはようございます。顔晴るジムの尾崎です。

 

 

最近、思うところあって、趣味でやっているランニングをウォーキングにしてみました。

 

ほぼ毎日、5㎞くらい走っていたので慣れもあるのでしょう、5㎞のランニングではあまり疲れません。

でも、5㎞のウォーキングだと意外と疲れます。

 

走る方が運動強度が高いのになぜはてなマークと思うかもしれません。

 

僕の感覚だと、

走る方は動作が速いので、身体への働きかけも何となくになりやすいです。

ごまかしが効いてしまうイメージでしょうか。

 

一方、歩く方だと動作が比較的ゆっくりなので、身体の色々な部分を意識しやすくなります。

意識しやすい分、より多くの筋肉が動員されます。

その結果、僕の場合はウォーキングの方が全身を使う度合いが高くなるので疲れやすいです。

(まんべんなく身体を使った感じがする、心地よい疲労感ですが)

 

という事は、

普段の日常動作も意識の働きかけ次第で立派な練習になりますビックリマーク

 

ウォーキングじゃなくても、会社に行くのに歩いたり、買い物に出かけた時に歩いたりすると思います。

せっかくだったら、その機会を有効活用したいですね。

 

全身の隅々まで意識して、全てを完璧に保ったまま歩こうとすると大変ですが、

例えば、

「今日は下っ腹の感覚だけは抜かないようにしよう」であったり、

「いつもは内ももの意識が抜けて重心が外に流れやすいから、今日は内ももをしっかり意識しよう」

みたいに要素を限定してみても良いかもしれません。

 

特に意識しなくても当たり前に出来るような動きでも、深めようと思えばいくらでも深められます。

そうする事によってドンドン可能性が広がっていきますよね。

僕はそんな部分に人間の身体の面白さを感じます。

 

 

ちなみに、ウォーキングとランニング、どちらが良い悪いと言いたいのではありません。

心肺機能を高めて持久力をつけたりするにはランニングの方が適しているので、

それぞれの良さがあります。

今後も適度に使い分けながら楽しもうと思います。

 

 

 

 

 

4月7日から毎週金曜日にグループレッスンが始まりました。

詳しくはこちらへ。

 

このブログはランダムな内容で感覚的な事も多く書いてあるので、

難しく感じる方もいらっしゃると思います。

パーソナルレッスンでは、文章だけだと伝わりにくい事をレッスンしています。

ブログを読んで感覚や理解を深めたいと思った方は、是非ご体験ください!!

コース案内  

アクセス  
メールでお問い合わせ
03-6908-2515

 

目白 身体の硬い人の為のヨガスタジオ 顔晴る(がんばる)ジム

◆営業時間 11時~20時

(完全予約制のため、早めにクローズする場合があります)

◆場所 東京都新宿区下落合3-17-32 フルールビル303

JR目白駅より徒歩4分

gambaru-yogaさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス