今日のレッスン。~足りない要素は何?~ | 身体の硬い人の為のヨガスタジオ 顔晴るジムのスタッフブログ

身体の硬い人の為のヨガスタジオ 顔晴るジムのスタッフブログ

身体の硬い人はいません。
いるのは、身体の硬くなる使い方をしている人だけです。


テーマ:

おはようございます。顔晴るジムの尾崎です。

 

 

今回の生徒さんは、苦手な開脚やあぐらを改善したいとの事。

 

実際に開脚やあぐらを見せてもらうと、

お尻の筋肉が動いていない為に股関節が支点になっていませんでした。

(ブログ用にオーバーにやっています)

 

まずは施術を交えて、股関節支点になるとどういう感覚がするのかを体感してもらいました。

その後、ご自身でも練習できる様にアドバイスさせてもらいました。

 

具体的には、

ベルトワークで踏んだ力を通じてお尻に力を繋げたり、

 

ヨガブロックを踏んだ力をお尻に繋げたり、

 

アシュヴァ・サンチャラナーサナ(活き活きした進む馬のポーズ)で

同じ感覚が得られるかを練習したりしました。

 

仰向けのベルトワークでは繋がる感覚が分かったみたいですが、

立位の状態でヨガブロックを踏むと繋がる感覚が分かりにくいとの事だったので、

ターダーサナ(山のポーズ)でブロックを挟んでもらいました。

 

内ももを寄せる感覚を意識した後でヨガブロックを踏むと、

ベルトワークの時と同じような繋がる感覚を得られたようです。

 

その後、アシュヴァ・サンチャラナーサナに挑戦しましたが、

ランジのような体勢になると感覚が消えてしまうとの事だったので、

長座の体勢でベルトワークをして腹筋の引き込みを練習しました。

 

すると、腹筋の引き込みが明確になったので、

その後のアシュヴァ・サンチャラナーサナで力の流れが繋がる感覚がしっくりきたとの事グッド!

 

 

下半身の力の流れを繋げたい時は、

踏む・内ももを寄せる・腹筋を引き込む

という3つが意識できると踏んだ力がお尻に伝わりやすいです。

 

今回の生徒さんはトリコナーサナ(三角のポーズ)が気持ち良く感じるポーズらしいので、

「(上記の)3つの要素って、体勢は違えどトリコナーサナでも同じじゃないですかはてなマーク

と聞いたところ、とても腑に落ちたみたいで、

「ヨガの練習って、そうやって組み立てていくんですね。また楽しく続けられそうですビックリマーク

と非常に嬉しい言葉をいただきました。

 

 

人それぞれだとは思いますが、

僕がヨガのポーズ練習をしていて1番楽しいと思えるのは

「この要素って、○○のポーズに転用できるじゃんビックリマーク」と気付けた時です。

 

それが積み重なっていくと、

そのポーズでは何故そういう形をとるのかが分かったりするので、理解が深まりやすいです。

 

それと同時に、

「あの時先生がこうしなさいと言っていたのはこういう意味だったのか」と、

いかに自分が上っ面だけしか拾えてなかったかを痛感させられますあせる

 

そんなこんなで理解が深まると、

難しいポーズでも要素で分解できるようになるので、建設的に練習が進められますよ。

 

 

 

 

 

このブログはランダムな内容で感覚的な事も多く書いてあるので、

難しく感じる方もいらっしゃると思います。

パーソナルレッスンでは、文章だけだと伝わりにくい事をレッスンしています。

ブログを読んで感覚や理解を深めたいと思った方は、是非ご体験ください!!

コース案内  

アクセス  
メールでお問い合わせ
03-6908-2515

 

目白 身体の硬い人の為のヨガスタジオ 顔晴る(がんばる)ジム

◆営業時間 11時~20時 金曜日定休

(完全予約制のため、早めに閉店する場合があります)

◆場所 東京都新宿区下落合3-17-32 フルールビル303

JR目白駅より徒歩4分

gambaru-yogaさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス