チャトランガ・ダンダーサナが苦手な方へ。 | 身体の硬い人の為のヨガスタジオ 顔晴るジムのスタッフブログ

身体の硬い人の為のヨガスタジオ 顔晴るジムのスタッフブログ

身体の硬い人はいません。
いるのは、身体の硬くなる使い方をしている人だけです。


テーマ:

おはようございます。顔晴るジムの尾崎です。

 

 

太陽礼拝にも登場する板のポーズ(パラカーサナ)。

 

そこから四肢で支える杖のポーズ(チャトランガ・ダンダーサナ)に移行するのが苦手

という方も多いのではないでしょうか。

 

板のポーズは体幹トレーニングなどにも使われるので、

ついつい支える事のみに意識がいってしまいがちです。

そうすると、

その場で止まっているだけなら大丈夫でも、そこから動くとなった時に不十分になる事が多いです。

 

もちろん、支える事も大切ですが、

四肢(手足)を使ってマットを押すという意識が加わると

腕や腹筋だけで頑張っている感が軽減されます。

手で押した力を肩甲骨辺りまで繋げて、

足で踏んだ力を股関節辺りまで繋げるイメージです。

そして、全身に働きかける感覚を保ったまま、脇をしめて肘を曲げます。

サゲサゲ↓

 

 

また、肘を曲げた時に腹筋や内ももの意識が抜けてしまいがちです。

その時に足でマットを押した力を通じて鼠径部が引き込めると、

腹筋や内ももの意識が抜けにくくなりますよ。

 

良い例

 

抜けている例

 

上記のような動作が苦手な方は、

まずは四つ這いで

腹筋の引き込みをキープしたまま

手足でマットを押して力の流れを繋げる練習をしましょう。

その後で、全身に働きかける意識をなるべく保ったまま板のポーズに移行すると良いと思います。

 

 

筋力が足りないから出来ない訳ではなく、あるのにサボっている部分があるからしんどいんです。

しっかりと手足でマットをとらえる事で、

より多くの筋肉が動員され、結果として1つ1つの筋肉にかかる負担が分散されます。

 

もちろん、無いよりはあった方が良いとは思いますが、

比較的筋肉量が少ない女性でも、

やり方次第で楽に出来るようになりますので、少しずつ練習してみてください。

 

 

 

 

 

このブログはランダムな内容で感覚的な事も多く書いてあるので、

難しく感じる方もいらっしゃると思います。

パーソナルレッスンでは、文章だけだと伝わりにくい事をレッスンしています。

ブログを読んで感覚や理解を深めたいと思った方は、是非ご体験ください!!

コース案内  

アクセス  
メールでお問い合わせ
03-6908-2515

 

目白 身体の硬い人の為のヨガスタジオ 顔晴る(がんばる)ジム

◆営業時間 11時~20時 金曜日定休

(完全予約制のため、早めに閉店する場合があります)

◆場所 東京都新宿区下落合3-17-32 フルールビル303

JR目白駅より徒歩4分

gambaru-yogaさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス