ヨガのポーズ。 | 身体の硬い人の為のヨガスタジオ 顔晴るジムのスタッフブログ

身体の硬い人の為のヨガスタジオ 顔晴るジムのスタッフブログ

身体の硬い人はいません。
いるのは、身体の硬くなる使い方をしている人だけです。


テーマ:

おはようございます。顔晴るジムの尾崎です。

 

 

流派やスタジオによって多少の違いはありますが、なぜヨガのポーズって決まっているんでしょうかはてなマーク

 

身体を気持ち良くストレッチする為はてなマーク

普段意識しない部分を使う事でエクササイズになるようにはてなマーク

 

それらも間違いではありません。

でも、僕は違いを観察する為だと思っています。

 

どういう事かといいますと、

どんなに健康な人でも人間の身体は常に絶好調という訳にはいきません。

波の大小の違いはあれど、バイオリズムよろしく上下するのが普通です。

 

なので、昨日は出来たポーズが今日は出来ない、なんて事は日常茶飯事です。

(もちろん、その逆もありますが)

その時にポーズという一定の基準がある事で、昨日とは何が違うのだろうはてなマークと観察できます。

 

また、以前は出来たり出来なかったりの繰り返しだったけど、

最近は楽に出来るようになってきたビックリマークとなれば、自分の身体の進化を感じられると思います。

これも、ポーズという基準があるからこそですよね。

 

 

他にも、難しいポーズに挑戦する時に、そのポーズを構成している要素が分かれば、

分解して簡単な練習から積み重ねて難しいポーズを攻略していく、

という事が出来るようになるので安全です。

 

例を挙げると、

開脚(ウパヴィシュタ・コーナーサナ)をしようとして両脚を開くと腹筋の引き込みが意識しにくい。

だったら、片膝を曲げて片脚ずつ腹筋の引き込みを練習しよう。

 

いまいち引き込みの感覚が分かりにくければ、ヨガベルトやタオルの助けを借りちゃおう。

 

片脚ずつで感覚が深められたら両脚でチャレンジしてみよう。

・・・みたいな感じです。

両脚になると制限が厳しくなるというだけで、腹筋の引き込み自体の意識に変わりはありません。

 

腹筋の引き込みという要素だけで考えるなら、

こんな体勢で、

足でマットを押した力を通じて腹筋の引き込みを意識しても良いと思います。

 

ちなみに、この前脚の感じって何かのポーズに似ていませんかはてなマーク

 

あくまで一例ですが

イスのポーズ(ウトゥカターサナ)や

 

戦士のポーズ1(ヴィーラバドラーサナ1)、

 

三日月のポーズ(アンジャネーヤーサナ)

 

などが同じ要素を含んでいます。

ですので、上記のポーズが洗練されると、腹筋の引き込みの感覚が深まりやすくなります。

(もちろん、深まる要素はそれだけじゃないですよ)

 

 

少しずつ自分の身体が洗練されればされるほど、

「ヨガのポーズってつくづく良く出来ているなぁ」と感じさせられます。

先人達の試行錯誤に感謝ですね。

 

 

 

 

 

このブログはランダムな内容で感覚的な事も多く書いてあるので、

難しく感じる方もいらっしゃると思います。

パーソナルレッスンでは、文章だけだと伝わりにくい事をレッスンしています。

ブログを読んで感覚や理解を深めたいと思った方は、是非ご体験ください!!

コース案内  

アクセス  
メールでお問い合わせ
03-6908-2515

 

目白 身体の硬い人の為のヨガスタジオ 顔晴る(がんばる)ジム

◆営業時間 11時~20時 金曜日定休

(完全予約制のため、早めに閉店する場合があります)

◆場所 東京都新宿区下落合3-17-32 フルールビル303

JR目白駅より徒歩4分

 

gambaru-yogaさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス