股関節を支点にするとは? | 身体の硬い人の為のヨガスタジオ 顔晴るジムのスタッフブログ

身体の硬い人の為のヨガスタジオ 顔晴るジムのスタッフブログ

身体の硬い人はいません。
いるのは、身体の硬くなる使い方をしている人だけです。


テーマ:

おはようございます。顔晴るジムの尾崎です。

 

 

立位での前屈が苦手な方は、太もも裏やふくらはぎの硬さが原因だと思いがちです。

しかし、それ以前にお尻の筋肉が動いておらず、股関節が支点になっていない事が多いです。

もっと言うと、お尻が動いていないから太もも裏やふくらはぎが硬くなるんです。

 

では、股関節が支点になるとはどういった状態でしょうか。

前屈が苦手な方は、背中や腰が支点になっている場合が多いです。

 

でも、お尻の筋肉が使えると股関節が支点になって身体が折りたたみやすくなります。

 

筋肉には相反抑制という作用があり、

(大雑把に言うと、一方の筋肉に力が入るとその反対の筋肉は緩むというものです)

お尻の筋肉を使う為にはその反対の腹筋や内ももが意識できていないといけません。

 

 

具体的な練習方法としては、

普段使えていないお尻の筋肉を使う、という点では『ヨガブロック押し』がオススメです。

(階段などの段差を利用すると代用できます)

ブロックを押した力を通じてお尻に力を伝えるイメージです。

 

 

また、腹筋や内ももを意識してお尻を動かしやすい状態にする、という点では

『膝を曲げた状態から、腹筋を引き込みつつ、痛くない範囲で膝を伸ばしていく』

といった練習も感覚を掴むのに良いのではないかと思います。

       下

この時に注意したいのが、太もも裏やふくらはぎを伸ばす事をメインにしないで下さい。

出来るだけお腹と太ももをくっつけたまま、お尻を上に押し付けるイメージです。

(膝は伸びきらなくても大丈夫です)

 

僕も元ストレッチトレーナーなので、気持ちはすごく分かりますが、

ついつい痛いのを我慢して伸ばしてしまいがちです。

ですが、伸ばすというよりも出来るだけ楽に動かし続ける

という意識に変わってからの方が、僕の身体は柔らかくなりました。

動きによっては結果として伸びますが、それがメインではない感覚です。

 

 

腹筋や内ももを意識して股関節を支点にするという要素は、

様々な他の動きに転用できる超重要なものです。

なので、感覚を掴めた時の恩恵は計り知れませんビックリマーク

コツコツ練習を積み重ねられたら素敵ですグッド!

 

 

 

 

 

このブログはランダムな内容で感覚的な事も多く書いてあるので、

難しく感じる方もいらっしゃると思います。

パーソナルレッスンでは、文章だけだと伝わりにくい事をレッスンしています。

ブログを読んで感覚や理解を深めたいと思った方は、是非ご体験ください!!

コース案内  

アクセス  
メールでお問い合わせ
03-6908-2515

 

目白 身体の硬い人の為のヨガスタジオ 顔晴る(がんばる)ジム

◆営業時間 11時~20時 定休日なし

(完全予約制のため、早めに閉店する場合があります)

◆場所 東京都新宿区下落合3-17-32 フルールビル303 JR目白駅より徒歩4分

gambaru-yogaさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス