まずは気持ち良いを目指しましょう。 | 身体の硬い人の為のヨガスタジオ 顔晴るジムのスタッフブログ

身体の硬い人の為のヨガスタジオ 顔晴るジムのスタッフブログ

身体の硬い人はいません。
いるのは、身体の硬くなる使い方をしている人だけです。


テーマ:

おはようございます。顔晴るジムの尾崎です。



顔晴るジムのパーソナルヨガレッスンでのド定番、背伸びからの側屈です。


目指したいのは踏んだ力を背伸びに活かせる状態です。


しかし、背伸びをする・しっかりと足でマットをとらえる、というそれぞれの感覚が薄いと、

どっちつかずで全体的にぼやけた感覚になってしまう場合があります。



正直に言いますと、僕自身も同じ勘違いをしていましたが、

完璧な形じゃないと最大限の効果が出ない訳ではありません。


ただ、自分の身体を100%使いこなせていれば話は別です。
そういう方は形と効果が直結しますので、形にこだわりまくりましょう。


何を目的にするかにもよりますが、

例えば、この側屈の目的を

『感覚の繋がりを広げてより多くの筋肉を動員したい・伸ばしたい』と考えた時は、

背中丸めちゃいましょう。膝も曲げちゃいましょう。


踏む事に一生懸命になり過ぎて、上半身の繋がりが薄くなってしまうのでしたら、

一旦踏むのを忘れちゃいましょう。


より広い範囲が伸びている・動いている、という感覚があれば素敵です。



誤解の無いように言っておきますが、形が整えられれば整えられるほど効果は大きくなります。

ただ、今現在の自分の身体の状態だと、完璧な形がかえって制限になってしまう事もあります。


その制限内で試行錯誤する事で得られるものもあるので、

形にこだわる事は決して悪い事ではありません。


ですが、最初から最大限の効果を求めるあまりに形にこだわり過ぎてしまうと、

(気持ちはすごく分かります)

結果として得られるものが少なくなってしまう場合もあります。


なので、最近の僕は自主練習の時もレッスンをする時も、

常に理想は頭の片隅に起きつつ、気持ち良いが最優先ビックリマークで考えています。



効果が感じられたら良い練習、効果が出なければ失敗、

みたいな心理状態で練習していてもしんどいと思います。

「効果が感じられればもちろん嬉しいけど、それだけを追いかけるのは止めよう」

くらいの気持ちで練習していると気負わずに臨めるので、

僕の場合はその方が多くの事に気付けるようになりました。


自分にとって気持ち良いやり方を積み重ねて、

「この気持ち良い感覚を、もっと広い範囲で感じられないかな」

と試行錯誤をしていくと練習が楽しくなりますし、

何よりその方が結果も出やすいのではないかと僕個人は感じています。






このブログはランダムな内容で感覚的な事も多く書いてあるので、

難しく感じる方もいらっしゃると思います。

パーソナルレッスンでは、文章だけだと伝わりにくい事をレッスンしています。

ブログを読んで感覚や理解を深めたいと思った方は、是非ご体験ください!!

コース案内   

アクセス  
メールでお問い合わせ
03-6908-2515


目白 身体の硬い人の為のヨガスタジオ 顔晴る(がんばる)ジム

◆営業時間 11時~20時 定休日なし

(完全予約制のため、早めに閉店する場合があります)

◆場所 東京都新宿区下落合3-17-32 フルールビル303 JR目白駅より徒歩4分

gambaru-yogaさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス