ねじる時にも背伸びです。 | 身体の硬い人の為のヨガスタジオ 顔晴るジムのスタッフブログ

身体の硬い人の為のヨガスタジオ 顔晴るジムのスタッフブログ

身体の硬い人はいません。
いるのは、身体の硬くなる使い方をしている人だけです。


テーマ:

おはようございます。顔晴るジムの尾崎です。



『背伸び』は基本的な動きではありますが、超重要な要素だと思っています。


身体をねじったりする時にも背伸びが深まるとだいぶ変わります。


「スポーツをしたり、ヨガのポーズを練習する以外で身体をねじったりする事なんてあんまりないよ」

と思う方もいらっしゃるかもしれません。


でも、思い出してみて下さい。

歩く時に、同側の手足が一緒に出る事はほとんどないですよね。

無意識かもしれませんが、皆さん身体をねじりながら歩いているんです。


それがしやすくなるという事は、いつもと同じ距離を歩いても疲れにくくなったりします。



なので、以下にオススメのねじり練習法を紹介します。


まず、立った状態で両手を肩の位置まで挙げます(手の平が上)。


両足を動かさずに左右にねじってみて下さい。

注:決して無理にねじろうとしないで下さい。

(ダチョウ倶楽部の方ではなく、マジの方です・笑)

あくまで出来る範囲でかまいません。


例えば、縮こまった状態でねじろうとしても、詰まってしまってやりにくいと思います。


息を吸いながら背伸びをして、


息を吐きながらねじってみましょう。

最初よりも深くねじれていれば素敵です。


縮こまったままだと、身体をねじるだけの余裕というかスペースみたいなものがあまりないので、

動きがすぐに制限されてしまいます。


吸う息に合わせて、アバラ1本1本の間にスペースを作るイメージ

で伸び上がりましょう。


可能であれば、呼吸ごとにねじりを深めます(無理は禁物ですビックリマーク)。

ねじりが深まる事で、再び詰まった感じがしてくると思います。

その場で背伸びをして、ねじる為のスペースをもう1度つくりましょう。

それの繰り返し(5呼吸くらいが目安)です。



『背伸び』は顔晴るジムのレッスンでも頻繁に登場しますし、

このブログでも今までに何度か書いています。

それだけ大切な要素になりますので、深める事の恩恵は本当に大きいです。


身体をねじる時だけでなく、

たくさんの動作に転用できるので、何かやりにくい動きがあった時に、

その体勢から

深呼吸をしながら背伸びをするには何が邪魔になっているかを探る

と身体の感覚が深まりやすいと思います。






このブログはランダムな内容で感覚的な事も多く書いてあるので、

難しく感じる方もいらっしゃると思います。

パーソナルレッスンでは、文章だけだと伝わりにくい事をレッスンしています。

ブログを読んで感覚や理解を深めたいと思った方は、是非ご体験ください!!

コース案内   

アクセス  
メールでお問い合わせ
03-6908-2515

目白 身体の硬い人の為のヨガスタジオ 顔晴る(がんばる)ジム

◆営業時間 11時~20時 定休日なし

(完全予約制のため、早めに閉店する場合があります)

◆場所 東京都新宿区下落合3-17-32 フルールビル303 JR目白駅より徒歩4分

gambaru-yogaさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス