硬い=伸びないではありません。 | 身体の硬い人の為のヨガスタジオ 顔晴るジムのスタッフブログ

身体の硬い人の為のヨガスタジオ 顔晴るジムのスタッフブログ

身体の硬い人はいません。
いるのは、身体の硬くなる使い方をしている人だけです。


テーマ:

おはようございます。顔晴るジムの尾崎です。



ヨガやストレッチをしていて、

「ココが硬いな~」と思ったり、「伸ばそうとすると硬くて痛い」なんて経験あると思います。


ですが、そう感じられる部分はまだマシです。

どういう事かといいますと、

本当に硬い部分は硬くなっている事にすら気づきにくいです。


もちろん、自分で硬いな~と感じている部分も固まってはいると思います。

でも、硬いとはいえ少しでも伸びている感覚があったり、

痛いって感じられるという事は、多少なりとも動いているんです。

本当に硬くなっている部分は動きもしなければ、うんともすんとも言いませんあせる

ガン無視です(笑)

だからこそ、気づきにくいんですよね。


なので、硬い=伸びない・痛いではなく、『硬い=動いていない・使えていない』なんです。



では、硬くなっているのに気づきにくい部分を感じとるにはどうしたら良いのでしょうかはてなマーク


あくまでも一例ですが、

以下に僕が自主練習の時に意識している事を紹介します。


・決め打ちをしない。

「ココが硬くなっているだろう」と決め打ちをすると、そこだけを何とかしようとしてしまいがちです。

すると、他の部分の感覚が拾いにくくなってしまいます。

自分では気づいていない部分が原因になっている事も多々あるので、

結果として根本からの解決にならない事が多いです。

全く関係なさそうな動きから大本の原因に気づく事もあるので、

まんべんなく練習する事をオススメしますビックリマーク


・呼吸に合わせて自分の身体をじっくりと内観する。

気づきにくいものを感じとろうとする訳ですから、素早い動きだと不向きです。

ゆっくりと余裕を保ちながら感覚を探りましょう。

また、呼吸によって硬くなっている部分を膨らませるイメージを持つと、

意識しようと思っていた部分よりも深い部分が感じとれたりします。

呼吸に合わせてじっくりと、が基本です。


・押す力を利用する。

床や壁を押す事で、普段動かしにくくなっている部分が動きやすくなります。

押す事自体が目的ではないので、あまり力み過ぎず、じわじわと力を入れていきましょう。



しばらく使っていなかった部分を意識しようとする訳ですから、最初はなかなか難しいと思います。


でも、今までの自分に無いものを一から身につけて下さい、という話ではありません。

元々出来ていたものを、もう一度思い出しましょうという事なので、

(赤ちゃんの頃は、みんな身体の使い方の天才ですビックリマーク

練習を積み重ねさえすれば、どなたでも出来るようになりますよ。


細かい感覚に気づく意識を高めて、どんどん自分の身体の可能性を広げていきましょうビックリマーク






このブログはランダムな内容で感覚的な事も多く書いてあるので、

難しく感じる方もいらっしゃると思います。

パーソナルレッスンでは、文章だけだと伝わりにくい事をレッスンしています。

ブログを読んで感覚や理解を深めたいと思った方は、是非ご体験ください!!

コース案内   

アクセス  
メールでお問い合わせ
03-6908-2515


目白 身体の硬い人の為のヨガスタジオ 顔晴る(がんばる)ジム

◆営業時間 11時~20時 定休日なし
◆場所 東京都新宿区下落合3-17-32 フルールビル303 JR目白駅より徒歩4分

gambaru-yogaさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス