3つの質問。 | 身体の硬い人の為のヨガスタジオ 顔晴るジムのスタッフブログ

身体の硬い人の為のヨガスタジオ 顔晴るジムのスタッフブログ

身体の硬い人はいません。
いるのは、身体の硬くなる使い方をしている人だけです。


テーマ:

おはようございます。顔晴るジムの尾崎です。



顔晴るジムのレッスンでも基本になっていますし、

自主練習をする時にも意識していただきたい、3つの質問があります。


1.気持ち良いかどうかはてなマーク

 

2.深呼吸が出来るかどうかはてなマーク

 

3.押せるかどうかはてなマーク


の3つです。

今回はこの3つの質問について説明したいと思います。



まずは、最初の『気持ち良いかどうかはてなマークから。


ヨガのポーズ練習やセルフストレッチ等をしていて、ついついやり過ぎてしまった事はありませんかはてなマーク


僕も昔、ストレッチトレーナーをしていた経験から、

限界ギリギリを攻めた方が結果が出やすいのではないかと勘違いしていました。


ですが、

ギリギリで余裕が無いという事は身体の状態を内観しにくいですから、

ポーズの恩恵を受けられません。

セルフストレッチでも痛めたりしやすくなってしまいます。

何より継続しにくいですよね。


痛い・辛いは、身体からの「やり方が間違っているよ」というメッセージです。

気持ち良いと思えるやり方を探してみましょう。



次は『深呼吸が出来るかどうかはてなマークです。


自分ではしんどいと感じていなくても、いざ深呼吸をしようとしたら出来なかった、なんて事があります。

気づかないうちに、身体が多少無理をしている状態ですね。


深呼吸が出来る=最低限、姿勢が整っているという事なので、

安全に練習に取り組めます。


ポーズを深めようと思えば深められる。


でも、こちらの方が呼吸に余裕が持てる。

であれば、後者を優先した方が断然オススメです。



最後は『押せるかどうかはてなマークです。


押せるというのは、言い換えれば力が入るという状態です。

それも偏った力の入れ方ではなく、まんべんなく均等に入るのが理想です。


姿勢が崩れていたり、力の入れ方のバランスが悪かったり、

筋肉を無理矢理伸ばした状態からでは、そもそも押せませんよね。


キチンと押せると、力の流れを感じられるので自分の身体の状態を把握しやすいです。


無くても押せる。


でも、あった方が押す事に集中しやすい。

であれば、積極的に使いましょう。



この3つの質問を繰り返しながら自分の身体を内観する事が、 練習なのではないかと思っています。


ポーズが出来ていても、自分の身体と会話できていなければ個人的にはあまり意味を感じません。

逆にポーズが出来なくても、何か感覚を掴めたのであれば、そちらの方が未来を感じます。

ご自分の身体に問いかけながら、練習を積み重ねていきましょうビックリマーク







顔晴るジムにはブログ講座として2015年の1月1日から5月9日まで連載ものになっているブログもございます。
ヨガや身体の使い方の基本的な事を知りたい方は、こちらもお読みください。
●ブログ講座スタート!!

127記事あるので、読むのが大変だと思う方はメルマガにコンパクトにまとめてあるのでどうぞ。
●顔晴るジム メールマガジンについて

目白 身体の硬い人の為のヨガスタジオ 顔晴る(がんばる)ジム

◆営業時間 11時~20時 定休日なし
◆場所 東京都新宿区下落合3-17-32 フルールビル303 JR目白駅より徒歩4分

コース案内
アクセス
メールでお問い合わせ
03-6908-2515

gambaru-yogaさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス