出来ない=失敗ではありません。 | 身体の硬い人の為のヨガスタジオ 顔晴るジムのスタッフブログ

身体の硬い人の為のヨガスタジオ 顔晴るジムのスタッフブログ

身体の硬い人はいません。
いるのは、身体の硬くなる使い方をしている人だけです。


テーマ:

おはようございます。顔晴るジムの尾崎です。



キチンと立てているか判断する一つの目安として、片脚立ちがあります。


床の上では安定して立てるのに、


例えば、バランスディスクなどの不安定な物の上だとグラグラしてしまうといった場合、

後者は失敗なのでしょうかはてなマーク



もちろん、そんな事はありません。

しいて言うなら、

出来た・出来なかっただけで思考が止まってしまったら失敗です。


片脚立ちに限らず、ヨガのポーズなどでも同じですが、

仮に上手くいっても、「出来たから良かった」で終わってしまうと、

それ以上の気付きが得られなくなってしまうので、凄くもったいないです。


逆に出来なかったとしても、何か一つでも気付けたのだったら、そちらの方が歓迎すべきだと思います。



「○○のポーズが出来るようになりたいビックリマーク

継続するモチベーションの一つになるので、この気持ち自体は悪いとは思いません。

ですが、あまりにとらわれ過ぎてしまうと、


結果が出る練習=良い練習、

結果が出にくい練習=無駄な練習と考えかねません。

出来ている時でも出来ていない時でも、それぞれ内容は違えど、

身体は色々な事を語りかけてくれています。

それに気付く手段の一つとして、ヨガのポーズがあると思っています。


出来たからこそ得られる感覚、出来なかったからこそ得られる感覚、

どちらが良い悪いではなく、どちらも大切です。


出来たら嬉しいし、出来ないと悔しい。

これは皆一緒だと思いますし、ゼロにするのはなかなか難しいですよね。

なので、その気持ちは持ちつつも、

練習中は一旦置いといて、身体からの声に耳を傾けられたら素敵ですね。






顔晴るジムにはブログ講座として2015年の1月1日から5月9日まで連載ものになっているブログもございます。
ヨガや身体の使い方の基本的な事を知りたい方は、こちらもお読みください。
●ブログ講座スタート!!

127記事あるので、読むのが大変だと思う方はメルマガにコンパクトにまとめてあるのでどうぞ。
●顔晴るジム メールマガジンについて

目白 身体の硬い人の為のヨガスタジオ 顔晴る(がんばる)ジム

◆営業時間 11時~20時 定休日なし
◆場所 東京都新宿区下落合3-17-32 フルールビル303 JR目白駅より徒歩4分

コース案内
アクセス
メールでお問い合わせ
03-6908-2515

gambaru-yogaさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス