均等に使いましょう。 | 身体の硬い人の為のヨガスタジオ 顔晴るジムのスタッフブログ

身体の硬い人の為のヨガスタジオ 顔晴るジムのスタッフブログ

身体の硬い人はいません。
いるのは、身体の硬くなる使い方をしている人だけです。


テーマ:

おはようございます。顔晴るジムの尾崎です。



何らかのトレーニングをする際に、

「鍛えたい筋肉を意識しながらやった方が効果的」という言葉を耳にした事ありませんかはてなマーク


確かに、ただ漠然とトレーニングをするよりも効果が上がりやすいので、必要な事だと思います。


しかし、鍛えたい筋肉『だけ』しか意識できていないという状態になってしまうと要注意です。


身体の使い方を意識する際も同じなのですが、

1点だけに集中し過ぎてしまうと、他の多くの感覚を見逃しがちです。


その結果、せっかく鍛えても、身体の連動性と合わせて考えると効果半減ですあせる

(何気ない動作でも、意外に多くの筋肉が動員されます)



顔晴るジムのレッスンでも、

「壁や床を押す力を利用して、○○しましょう」というフレーズが多く出てきます。


その際に、全力で頑張って押してしまうと、細かい感覚が得にくくなります。

押す事『のみ』に意識が集中してしまった状態ですね。

特に、普段なかなか意識しない部分だと、

初めのうちは微細な感覚である事が多いので、感じ取るのが難しくなってしまいます。


壁や床を押す事自体が目的ではなく、

押した結果、自分の身体にどんな変化があるかを観察する事が大切です。

余裕がないと身体からの声も聞きとれません。

コミュニケーション不足は不具合の原因になりますよね。



追い込む様なトレーニングの場合は話が別ですが、

身体を柔らかくしたい場合や、身体の使い方を向上させたい場合は、

何よりもまず、”やっていて気持ち良いかはてなマークこれを最優先させて下さい。

それに加えて、深呼吸する余裕があれば、更に素敵です。


まんべんなく身体が使えていれば、凄く気持ち良いですからキープするのも楽勝ですし、

深呼吸する余裕も出てきます。


逆に、少しでも痛いな・辛いなと感じたら、どこかがいびつな使い方になっていますので、ご注意をドクロ



何かの動きをした際に、

1つの筋肉に10の負担をかけるよりも、10個の筋肉に1ずつ負担してもらった方が楽です。


気持ち良い事だけを積み重ねて身体の感覚を深めていき、

意識できる部分を少しずつ増やす事で、均等な使い方を目指しましょうビックリマーク






顔晴るジムにはブログ講座として2015年の1月1日から5月9日まで連載ものになっているブログもございます。
ヨガや身体の使い方の基本的な事を知りたい方は、こちらもお読みください。
●ブログ講座スタート!!

127記事あるので、読むのが大変だと思う方はメルマガにコンパクトにまとめてあるのでどうぞ。
●顔晴るジム メールマガジンについて

目白 身体の硬い人の為のヨガスタジオ 顔晴る(がんばる)ジム

◆営業時間 11時~20時 定休日なし
◆場所 東京都新宿区下落合3-17-32 フルールビル303 JR目白駅より徒歩4分

コース案内
アクセス
メールでお問い合わせ
03-6908-2515

gambaru-yogaさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス