お尻を動かしましょう。 | 身体の硬い人の為のヨガスタジオ 顔晴るジムのスタッフブログ

身体の硬い人の為のヨガスタジオ 顔晴るジムのスタッフブログ

身体の硬い人はいません。
いるのは、身体の硬くなる使い方をしている人だけです。


テーマ:

おはようございます。顔晴るジムの尾崎です。



ラクダのポーズや


三日月のポーズ


などの、後屈系のポーズを練習する際に、特に気を付けたいのが、腰で反って傷めてしまう事です。


腰を傷めてしまうのは、腹筋が引き上がっていない等、いくつか原因はあるのですが、

今回は意外に気付きにくい、お尻の筋肉にスポットを当てたいと思います。


お尻が動かないと、身体を反った際、お尻の筋肉がストッパーになります。

すると、股関節ではなく腰が支点になってしまい、腰椎に負担がかかります。


そこで、足全体で床を押した力を利用してお尻を動かすと、

支点が股関節になり、腰に負担がかかりにくくなります。


ポーズによって力の伝え方こそ違えど、

後屈系はお尻が動くか動かないかで、深まり方が全然変わります。



ただ、お尻を意識するといっても、

100%全力で力を入れる(リキむ)訳ではありません。

締め過ぎてしまうのは逆効果です。


ぐぐ~っと足全体で床を押して、使う事でお尻を緩めるイメージです。

キチンとお尻が使えると、股関節がするするっと動き、

筋肉の伸び感があまりないのにポーズが深まります。

(擬音が多くてスミマセン・笑)



最初はハトのポーズや


戦士のポーズ1

などで、後屈しながらお尻を動かす感覚を練習する事をオススメします。


お尻は普段なかなか意識しない部分だと思うので、

慣れないうちは感覚を掴むのが難しいかもしれません。

ですが、効率良く身体を動かす為にもとても大切な感覚になるので、コツコツ練習を重ねましょうビックリマーク







顔晴るジムにはブログ講座として2015年の1月1日から5月9日まで連載ものになっているブログもございます。
ヨガや身体の使い方の基本的な事を知りたい方は、こちらもお読みください。
●ブログ講座スタート!!

127記事あるので、読むのが大変だと思う方はメルマガにコンパクトにまとめてあるのでどうぞ。
●顔晴るジム メールマガジンについて

目白 身体の硬い人の為のヨガスタジオ 顔晴る(がんばる)ジム

◆営業時間 11時~20時 定休日なし
◆場所 東京都新宿区下落合3-17-32 フルールビル303 JR目白駅より徒歩4分

コース案内
アクセス
メールでお問い合わせ
03-6908-2515

gambaru-yogaさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス