ダウンドッグが出来ない方へ。 その3 | 身体の硬い人の為のヨガスタジオ 顔晴るジムのスタッフブログ

身体の硬い人の為のヨガスタジオ 顔晴るジムのスタッフブログ

身体の硬い人はいません。
いるのは、身体の硬くなる使い方をしている人だけです。


テーマ:

おはようございます。3日続けて尾崎です。



ダウンドッグ3部作、最終日の今日は『肩甲骨の意識』です。


肩甲骨は上半身の骨盤と言われるくらい重要で、

動きが良くなると昨日UPした股関節の抜きなどもしやすくなります。


また、ダウンドッグで背中を伸ばす際にも

腰を反るのではなく、肩甲骨がスライドした結果、背中が伸びていくというイメージが持てると、

キレイなアーチを描きやすいです。



肩甲骨の動きを意識する練習としてオススメなのが、壁を押して肩甲骨を寄せる方法です。


手で壁を押した力を利用して、肩甲骨が斜め下にスライドするイメージです。


また、四つ這いになって、床を押す力を利用して肩甲骨を寄せる方法も良いと思います。


壁押しの感覚が分かったら、まずはハーフドッグで身体の使い方

(脚で床を押した力を利用して股関節を抜きつつ、

手で壁を押して肩甲骨をスライドさせる)を復習して、


手と脚両方の押した力を利用して、股関節()を動かし続けてダウンドッグを深めていきましょう!!

膝を伸ばす事よりも股関節を抜く方を優先させたいので、

ふくらはぎや太もも裏がきつい場合は、膝を曲げて下さい。


ダウンドッグで意識したい要素はまだまだありますが、

今回紹介した3つの要素が身に付くだけでもだいぶ感覚が深まりますので、練習してみて下さい。







顔晴るジムにはブログ講座として2015年の1月1日から5月9日まで連載ものになっているブログもございます。
ヨガや身体の使い方の基本的な事を知りたい方は、こちらもお読みください。
●ブログ講座スタート!!

127記事あるので、読むのが大変だと思う方はメルマガにコンパクトにまとめてあるのでどうぞ。
●顔晴るジム メールマガジンについて

目白 身体の硬い人の為のヨガスタジオ 顔晴る(がんばる)ジム

◆営業時間 11時~20時 定休日なし
◆場所 東京都新宿区下落合3-17-32 フルールビル303 JR目白駅より徒歩4分

コース案内
アクセス
メールでお問い合わせ
03-6908-2515

gambaru-yogaさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス