柔軟性=可動域ではありません。 | 身体の硬い人の為のヨガスタジオ 顔晴るジムのスタッフブログ

身体の硬い人の為のヨガスタジオ 顔晴るジムのスタッフブログ

身体の硬い人はいません。
いるのは、身体の硬くなる使い方をしている人だけです。


テーマ:

おはようございます。顔晴るジムの尾崎です。



タイトルを読んで、「えっ、そうなのはてなマーク」と 思った方も多いと思います。

もちろん、柔軟性があった方が可動域は広がりやすいですが、

必ずしもそうとは言い切れない場合もあるんです。


皆様の周りにも、身体は硬いのに結構動けたりだとか、

柔らかいのにあまり動きが良くなかったりする方とかいませんかはてなマーク

今回はそんな話です。



例えば、身体の使い方を何も意識せずに、 現在の僕の柔軟性のみに頼った前後開脚がコチラです。


それに対し、股関節を動かし続けやすくする為に骨盤を立てたり、

前脚も後ろ脚もなるべく引っ掛からない(伸び感がない)ポジションを探しながら開いていくと、

こうなります。

ちなみに、意外に思われるかもしれませんが、

下の画像の方が、前後の脚両方とも伸び感は少ないです。

要するに、柔軟性があった方がメリットは多いのですが、

それと同じくらい身体の使い方って重要なんです。



もしかしたら、

「身体が柔らかくなれば、使い方も上手になるのでははてなマーク」と思う方もいるかもしれませんが、

それはそれ、これはこれです。

別物なので、意識して練習しないと上達しません。

(中には、意識しなくても身体の使い方が上手な方もいます)



身体が柔らかい方が身体の細部まで意識しやすいので、使い方も上達しやすいです。

柔軟性と身体の使い方を両立させていけたらベストですね。







顔晴るジムにはブログ講座として2015年の1月1日から5月9日まで連載ものになっているブログもございます。
ヨガや身体の使い方の基本的な事を知りたい方は、こちらもお読みください。
●ブログ講座スタート!!

127記事あるので、読むのが大変だと思う方はメルマガにコンパクトにまとめてあるのでどうぞ。
●顔晴るジム メールマガジンについて

目白 身体の硬い人の為のヨガセラピースタジオ 顔晴る(がんばる)ジム

◆営業時間 11時~20時 定休日なし
◆場所 東京都新宿区下落合3-17-32 フルールビル303 JR目白駅より徒歩4分

コース案内
アクセス
メールでお問い合わせ
03-6908-2515

gambaru-yogaさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス