スーパーウルトラロングシュート | GAMBAとWCCF@Jのブログ

GAMBAとWCCF@Jのブログ

ガンバ大阪とWCCFが大好きです。


テーマ:
まずはWCCF。
 
バイエルンがある程度育ったのでペースを落とし(ブライアン・ラウドルップのスタミナがチームが成長するにつれ持たなくなることが多くなった)

ガンバはオファーを受ける時にグラフの大きいオファーを受けましたがリーグが1stを見落としてました。



低級と1stリーグ7戦しかやっていませんが、今のところは全勝中。

ちなみに、今回のガンバはついにU1になりました。宮本は外す気はないので、全白にするつもりはありません。
まだまだこれからですな。

倉田は今バージョンのカードはFK、CKはSになりました。ガンバで見ないんですけどw
井手口はU23代表カード時はFK百発百中でしたが、今バージョンに差し替えたらまったく入りませんw




先週の関東エリア、幕張で出した王者チームのエリア結果。
もう辞任するし、フォーメーションやメンバー変えて登録したらまさかの…(5バック、今までボランチだった今野を左SB、ロナウド→オーバメヤンに変更)

1回戦はCPUに8-0。

2回戦は有名監督?にPK勝ち。

3回戦はCPU。

4回戦は有名軍団に勝ち。


準々決勝はシュート数は相手に上回れるが勝ち。

準決勝で優勝チームに敗れました。
あと1回エリアに出してみますかね。

しかし、最近はアルゼンチンで東京神奈川&九州エリアでベスト4、今回の王者チームで関東エリアベスト4。

なんでベスト4ばかり続くんだ…。

明日は夕方から蹴る予定です。








土曜日のマリノス戦、試合を見ました。

今のガンバって本当に酷いです。

マリノス対策で3バックという奇策をしましたが(三浦、菅沼、ファビオの3バック)、後半は防戦一方。
クルピの采配ミスもあり、終盤は何人かスタミナ切れをおこすほどボールを支配される。
勝ち点1はラッキーでしかない。
ガンバは個人(のひらめき)技のサッカー。
練習は紅白戦しかやらない、守備練習しない(山口智コーチが助言してる)…クルピって何なの?

柏の下平監督が解任されのに、ガンバはクルピ解任されないんですか?(下平監督解任はちょっと疑問)
強化部はどこを見ているのか…。


これには触れなければ。

前回のブログで「淳吾さん、ループシュート狙ってね」なんて書いたら本当に決めました。あれはループシュートではないけどw(ガンバ公式Twitter曰くスーパーウルトラロングシュート)。

藤本の技術は凄いけど、藤春がトップスピードで裏抜けしようとしているのも得点の要因(白の矢印)。あれで飯倉は惑わされたはず。
藤本が藤春へのスルーパスではなくシュートで来るとわかった時でも飯倉はまだPA外にいた。


淳吾さん、古巣からの得点だから控えめに喜んでいたけど次戦以降2点目はもっと喜んでいいんだよ(笑)





試合前まではマリノスの個性的な戦術に羨ましさを感じていたけど、考えが変わりました。


ふと思い出したことがあります。

日本にはハイプレス、ハイラインの戦術をとっているチームがJ2にもあります。
去年の序盤は苦戦しましたが、終盤に猛烈に追い上げプレーオフまで順位が上がりました(今年は苦戦中)。
彼らがどんな失点の仕方をされているのかすべて見ているわけではありませんが(J2だからあまり注目されてない?)、飯倉の失点の仕方はあまりされていないような気がします。
なんでだろう?


J1とJ2の違い?
要は個人レベルの差。J2で淳吾さんのような技術やかなり遠目からGKの頭上を越すシュートをゴールに入れるのは少ないと思います。

まだ半分も終わっていないのにすでに飯倉は4〜5点やられていると記憶してます。これで今まで勝ち点をいくつ落としているか(ガンバ戦で勝ち点2失っているし)。

GKが積極的に前に出るのは監督が止めるとは思えないけど、あまりやらない方がいいと思うんですよねぇ…。今後もこれで勝ち点落とす試合が続いたら…。

横浜さんより弱いチームのサポーターの戯れ言なのでスルーしてください。



「ハマのアーティスト」お見事でした。
4枚の壁のうち、最も身長が低い淳吾さんを頭上を狙って打つ…素晴らしい技術です。








昨日は夜勤明けでここに直行しました。
帰って疲れたので即効寝ましたw

今年のスポーツ観戦ろくなことがない…(ガンバ3連敗、ロッテ連敗…)。

GAMさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス