伊勢正三:海岸通り

22才の別れと並んで、この「海岸通り」という作品、ニューフォークのおける、屈指の名曲と言い切っても過言ではないでしょう。このような哀愁を感じさせる歌を作らせたら伊勢正三さんに追いつけるミュージシャンはいないはず。

     海岸通りの少女             伊勢正三

いろいろなストーリーが想像されますね。そして、石川鷹彦さんのギターワーク。とりわけ、華麗なインプロビゼーションは、本当にスリリングで見事と言わざるを得ませんね。時代を超えた曲なのでしょうね。