ギターのコードチェンジを楽にするエクササイズ | 宝塚市のギター教室|中川雄の日々ギターブログ

宝塚市のギター教室|中川雄の日々ギターブログ

宝塚市でギター教室を開いております。初心者から経験者まで丁寧にレッスンさせて頂きます。

それぞれの指は連動している

 

レッスンをしていて見受けられる、

お悩みポイントに

 

「コードチェンジが上手くいかないよえーん

 

というのがあります。

 

色々な原因があるのですが、

その一つに【各指が連動(れんどう)している状態】が挙げられます。

 

 

次の和音へ移るとき、

人差し指だけ動かしたいのに、中指も一緒に動いてしまうのです。

 

でも、日常生活をする上で

CコードやAmコードのように複雑な指の形をする

そんな機会はあまりありませんよねあせる

 

 

しかしYOUTUBEを開けば、バリバリ弾ける小学生の天才がたくさんいますよねびっくり

 

あんな風になれたらいいのですが……

でも我々、大人組(おとなぐみ)は一つ一つの練習を、よく分析しながら取り組んでいった方が良いと思います。

 

時間はかかりますが、確実に一歩ずつ進めます。

僕も一緒に頑張っていたいと思います。

 

さて、指の神経には支配領域(しはいりょういき)があります。

正中(せいちゅう)、尺骨(しゃっこつ)、橈骨(とうこつ)の三種類。

要は5本の指はそれぞれ連動しています。

 

これらを100%分離させることは難しいのですが、

トレーニングによって、ある程度は柔軟に動くようになりますよ。

 

 

各指の独立のエクササイズ

 

Ex1)1弦の1F~4Fを人中薬小と押さえましょう。

 

まずは上記のように4本の指を押さえます。

……実はこの段階で一つの壁があり、【各指がフレットの真横に押さえられない】というのがあります。

その場合、指の付け根をギターのネックに押し当てて、キュキュッと広げる運動をしましょう。

 

さて4本の指を各フレットの押さえることができました。

次に人差し指と中指をフレットから離してください。

 

 

これができたら元の位置に戻し、次は薬指と小指をフレットから離します。

 

この時、多くの方が中指も一緒にフレットから離れてしまいます

もし中指も連動するようなら、「ああ、各指の分離がまだまだなんだな」ということです。

 

次に人差し指と小指をフレットから離します。

これができたら、中指と薬指を離しましょう。

 

外側と内側をイチ・ニー・イチ・ニーと交互に「離す」→「置く」を繰り返します。

 

最後に一番難しいパターンです。

中指と小指をフレットから離します。

 

次に人差し指と薬指を離しましょう。

今度は「偶数→奇数」の組み合わせでエクササイズします。

この3つのパターンを繰り返し練習することで、各指が連動した状態から、各指が独立した状態へと近づけていきます。

 

動画の方で5分ほど詳しく説明してますので、よかったら参考にしてください。

 

 

【ブログ用動画】 よくレッスンしていて見受けられるお悩みポイントに、「コードチェンジが上手く行かないよ」というのがあります。その原因の一つに各指の連動があります…

Nakagawa Yuuさんの投稿 2022年6月23日木曜日

 

 

①宝塚のギター教室

 

②新大阪のギター教室

 

③西宮のギター教室

 

④出張レッスンも受けてます

 

⑤オンラインレッスン

 

⑥お問合せはこちら

 

【中川雄 (なかがわ ゆう)】

ギターをD・シシリア氏に師事。J・ぺロワ、P・ヴァカ各氏のマスタークラスを受講。第10回アミグダラ国際音楽コンクールギター部門第2位(イタリア)またクラシックだけではなく、ライブハウスやイベント演奏、映画音楽オーディションのサポートなど幅広く活動する。国際芸術連盟所属ギタリスト。日本ジュニアギター教育協会専門家会員。宝塚アーティスト協会アーティスト会員。アルハンブラ・ギター教室オーナー。アピア文化サロン講師。