こんにちは、東北で活動する猫使い探偵です。

 

最近、作家の『柚月 裕子』氏の佐方貞人検察シリーズを読んでいます。

女性作家とは思えない、骨太の構想と、どんでん返しのストーリーが面白く、次々と購入しています。

また、この作家さん山形在住なんですよね。親しみがもてます。

 

きっかけは、『慈雨』でしたね。小説の後半には、考えさせられるものがありました。

 

さて、私は少なからず職業上、警察、検察、弁護士の業界を知っています。しかし、柚月さんの小説内の人を中心に考える主人公『佐方貞人』の検察官とは出会った事がありません。(笑)

 

私が知り得た検察官は、意地悪で起訴の事ばかり考えていて、尚且つ、法律の範囲内で最大の罰を与えるのが使命と考え違いをしている人ばかりです。

まあ、検察VS弁護士と裁判ではなりますから、なにも検察側から温情を考える立場では無いのでしょうが、それでも人間味が無い人種だと思っています。

 

柚月さんの小説も、人を思う検察官 佐方貞人は結局、検察官から弁護士へとヤメ検となってしまいます。これは、残念ですね。

 

どの仕事でも共通しているのでしょうが、1ステージ深く仕事をし続けると、労力は最低でも3倍はかかるでしょう。

でも、それを仕事として行い続ける事は、人間観だったり意地だったり、その人が持っている心の髄なんだと思います。

 

佐方貞人には、ヤメ検になってほしくなかったな。