またもや、2歳の女の子が母親と交際相手男性から虐待を受けて亡くなった。(児相は相談の受付もしなかったそうだ。)

 

探偵としての私は、子供の虐待やいじめ問題の調査は正直苦手だ。

ある程度相談は聞くが、まずは親に相談し、その後学校や児相に相談するように促している。

 

理由は、正直な事を言えば仕事としてお金にならないからだ。

 

これは、私以外のどの探偵も考えている事だろう。

 

なんとなく探偵がお金にしてもいけない調査だし、そもそも税金で成り立っている行政各機関がやるべき仕事だと考えている。(民間では運営が難しいし、この問題は公的な仕事だと考えている。)

 

でも、調査能力を持っている我々が、社会貢献的な意義を考え、また一人の子供の命を救えるとするなら、お金の事は考えずに調査をしなければいけないのかも知れない。

 

報道を観ているその他大勢の日本人と同じになっている。

 

 

 

何故あなたは探偵になったのですか?

 

一つの理由は、人間を知りたかったから。

 

もう一つの理由は、誰かの役にたちたかったから。

 

 

 

だったら探偵調査で、もしも(本当にもしも)一つの子供の命を救ったら、探偵人生ばんばいざいじゃないですか!

 

 

そうしよう!このブログから以降、子供の虐待やいじめ問題に関する事は、無料にしよう。

 

 

お金の事は、本部渡邉会長におねだりしよう。笑

 

虐待、いじめ  人間が軽い私には重いテーマなんだよね。

でも、いいオヤジになったんだから、なんとなく義務感あるよね。

 

 

気張らずにちょとずつ。そして、丁寧に誠意をもって。

 

 

 

虐待やいじめ相談の方は、以下のメルアドかお電話ください。

 

info@galu-touhoku.com

 

0120-862-007

 

 

 

渡邉会長が作ったポスター