お早うございます、南東北で活動する猫使い探偵です。

 

とても哀しく、憤りの感情が湧き出る事件が起きました。

 

以下、yahoo ニュースから抜粋。

 

千葉県野田市の小学4年、栗原心愛さん(10)が自宅で死亡し、父親(41)が傷害容疑で逮捕された事件で、県警捜査1課などは4日、父親と暴行を共謀したとして、傷害容疑で心愛さんの母親なぎさ容疑者(31)を逮捕した。

 捜査関係者によると、なぎさ容疑者は事件当日、父親と共に心愛さんを厳しく叱責(しっせき)しており、「暴行に加担した」という趣旨の供述をしているという。

 県警は、なぎさ容疑者が父親の制止や警察への通報をしなかったことに加え、同調して叱責し精神的に追い詰めることで、一連の暴行に加わったと判断。父親との共謀を問えると結論付けたとみられる。

 逮捕容疑は、父親の勇一郎容疑者と共謀し、1月24日午前10時~午後11時10分ごろの間、自宅で心愛さんの頭髪を引っ張り冷水を掛けたほか、首付近を両手でつかむなどしてけがをさせた疑い。

 

以上、抜粋

 

今回の女児が親のDVによって亡くなった事に対し、児童相談所の対応に非難が集中しています。

私も残念ながらそう思います。

 

私は、このようなプライバシーの機密性が高い環境内で、真実を知るには児童相談所のやり方には限界があると考えています。

私達、調査会社をアウトソーシングすれば良いのにと、事件が起きる毎に思います。(実際、調査依頼されても、非常に難しい調査案件だと思いますが。)

しかし、我々調査会社の使命だとも考えます。