アートと黒猫な日々。<ギャラリー35京都>

アートと黒猫な日々。<ギャラリー35京都>

Gallery35KYOTO-KAMANZA

ペットロスから立ち直るために、京都の町家をリノベーションして
猫や犬も集まる事ができるギャラリーを作りました。
今は天国にいる黒猫みー子ちゃんのことと、
妹で茶トラのビフテキのことを。

gallery35で個展を開催された猫写真家・沖昌之さんが
「天才! 志村どうぶつ園」に出演されました。
 
 
当ギャラリーでも多くの来場者をうならせた
「必死すぎ」たり、「残念すぎ」たりする猫たちをどのように撮影するのか密着取材。
 
 
スタジオにも登場、少し緊張されていましたが、いつもと変わらない沖さんでした。
 
ゲストの「なにわ男子」の大西流星くんも大の猫好きで、愛猫「トキくん」を飼っているそう。

流星君にそっくりのおめめクリクリのかわいい猫さんでした。

そのトキくんをどうやったらもっとかわいく撮れるかを沖さんに質問。

写真に写りこんだハンガーを片付けるところから指南されていました(ほほえましい)。

流星君は沖さんの写真集もコンプリート(?)、とにかく沖さんの写真にメロメロでした。
 
 
沖さんは当ギャラリーで2度個展を開催。
 
いずれも多くの沖さんファン、京都中の猫好きがあつまり、大いに盛り上がりました。
 
この後、新刊『残念すぎるネコ』も出版され、

ベストセラー猫漫画『俺、つしま』のつーさんの帯コメントがまた素敵でした。
 

 

写真の整理をしていたのですが、

 

懐かしい写真がでてきました。

 

 

ほんとにほんとに仲がよくて、

いつも抱き合ってました。

 

 

 

どんだけ仲いいの?

 

 

どちらかというと、ビフテキ(茶トラ)が

 

寝ているみー子ちゃん(黒猫)にべたべたくっつくパターン。

 

 

 

みー子ちゃんもまんざらではない。

 

でも、この数分後、ビフテキのひつこいグルーミングに

 

みー子ちゃんが嫌気をさして、大ゲンカ……。

 

という顛末を迎えます。

 

 

 

で、みー子ちゃんが、ビフテキを食べたあと……。

 

 

 

毛が!

 

 

**************

 

ギャラリーと黒猫みー子ちゃんは→コチラ

みー子ちゃんの妹のビフテキは→コチラ

今日、はっとさせられる出来事がありました。

 

最近ハマっているドライみかんなのですが……。

 

今日、愛媛から取り寄せた「清家農家」さんのみかん。

 

10キロ×2箱!

 

 

みっしりはいってました。

 

注文時に電話でお話した女性が

 

優しそうで、まっすぐで嘘のない印象で、

 

きっとみかんも美味しいんだろうな~と心待ちにしておりました。

 

そして届いたのが、この宝石箱のようなみかん!

 

でも同封されていた「清家農家みかん山通信」平成30年12月号を読んで、

 

いろんな思いが去来しました。

 

 

とても心に響く文章だったので、長文ですがシェアします。

 

**************************

 

信じられない速さで時は巡りはや12月です。
 
7月の大雨災害から5か月、11月号にも書きましたが、まだ書き足りない思いがあります。
 
街並みの表向きはほぼ依然の姿に戻りました。
 
でも目を上げて周りの蜜柑山を見るとまだ崩落当時のままで農道も運搬用モノレールもズタズタです。
 
あまりに規模が大きすぎて個人の力ではどうにもならないのです。
 
県や国の支援を受けて復旧か再編するとしても時間がかかることは必至です。
 
後継者がいる農家はなんとかしてやり直そうとしていますが、
 
後継者のない農家は、今から農地を整えみかんの苗木を植えても10年かかるので生きているうちには間に合いそうもないので諦めるしかないと言っています。
 
大きな崩落現場は何件もの農家が含まれているので話し合いもなかなか進みません。
 
そんな人間の思惑をよそに生き残ったみかんの木は崩れた個所のすぐわきで健気にもたわわに実をつけ、きれいに色づいています。
 
- - 中略- -
 
がれきの山や崩れた蜜柑山を見たくないと思いながらついつい横目でチラ見して県道を通りながら、皆、普段通りであるようなないような暮らしをしています。
 
今年は盆踊りも敬老会もできませんでした。
 
盆踊りの会場の児童公園はまだ土砂の山ですし、公民館の中は空っぽのままです。
 
でも何故か、暗い顔をしている人は見かけません。
 
みかん獲りが忙しくてめげている日かはありません。
 
南国愛媛では冬でもハタケには菜っ葉が青々としているのですが人々が楽天的なのかもしれませんし、この地域の豊かな自然は人間をひどい目にもありません汗ますが、優しく包み込んでくれるもう一つの面も併せ持っているからでしょうか。
 
年末ですのに楽しいお話ではなくて申し訳ありません。
 
大震災や大雨災害台風災害、明日は我が身。
 
皆さま防災用意おさおさ怠りませんように。
 
どうぞ来年は災害がおこりませんように。
 
 
ほんとのみかん清家農園 やす子
 
*************************
 
これを書いたやす子さんって、
 
電話口の女性じゃないかなあと思っています。
 
私たちは地震や災害などを目の当たりにし、経験し、心を痛めます。
 
でも、日々の営みの中で、目に見えないものを忘れがちになってしまいます。
 
仕方のないことですが、ふと、こうやって気づくことで
 
少しつながれたり、なんらかの形で力になれる気がしました。
 
 
生で食べても美味しいみかん(実際めちゃくちゃ美味しかったです)。
 
美味しいドライみかんにします!
 
 
 
ドライみかんの経過報告です。
 
昨日から乾かし始めた
「はるみ」

 
 
と「はれひめ」
 
 
12時間たつとこんな感じです。
 
左が「はるみ」
右が「はれひめ」
 
 
ビジュアルは「はるみ」に軍配ですが、
味は「はれひめ」でした。
 
生で食べたときのさっぱりした「はるみ」は
ドライにすると少し苦さが際立つ感じです。
 
「はれひめ」は生で食べても優しい甘さでした。
ドライになると、優しい甘みがぎゅっと濃縮。
 
皮の厚さは意外と気になりません。
柔らかくてふかふかしているのでドライになっても「さくふわ」な感じ。
 
カ〇ディで買ったシトラスチップも食べてみたのですが、
苦くて固かったのですが、
 
やはり甘夏系のものは少し苦みが勝つのかもしれません。
 
ということで、今日は
「紅まどんな」
「レモン」
「ライム」
をドライします。

******************
ギャラリーと黒猫みー子ちゃんは→コチラ
みー子ちゃんの妹のビフテキは→コチラ
******************
明後日くらいから大寒波がやってくるそうです。

冬は猫とぬくぬくするのが一番の幸せ。
こたつ最高です。

猫といえばこたつ。
こたつといえば、みかん。
今、ものすごくみかんにはまっています。
しかもドライみかん。
今日は料理研究家の新田亜素美さんからいただいた
「ぽんぽこらんど」のかんきつセットをドライにしてみます。

★ぎゅっと甘みがつまった島みかん

 
★はれひめ
 
★はるみ

 
 
みかんってサイズだけでなく、果肉の房の詰まり具合もこうやってみると全然ちがいます。
 
ふだん、みかんは手で皮をむいて、ばくって食べるので、

断面をまじまじと見ることないですけど、

とっても個性的できれい。
 
まるで宝石のような輝きとみずみずしさ。
 
乾燥器で約12時間、じっくり乾燥させます。
 
 
明日の朝が楽しみです♪
 

この食品乾燥、数か月前からあらゆるものを乾燥させたのですが、
 
みかんが一番おいしい。
 
そして気が付いたら、10キロ段ボールを5箱もドライみかんにしました。
 
最近、みかん愛がすごくて、自分でもびっくりしています。
 
そして、会う人会う人みんなに差し上げたくなるようです。
 
栗原はるみさんの名著「ごちそうさまが、ききたくて」という本がありますが、

あのタイトルは秀逸だなあと、いまさらながら感服w
 

*****************
ギャラリーと黒猫みー子ちゃんは→コチラ
みー子ちゃんの妹のビフテキは→コチラ

 

怒涛の1年が終わろうとして、気が付いたら12月。

 

さらに、前回のログインから8か月……。

 

深く反省。

 

 

4月にブログを更新してから、いろんなことがありました。

 

まずは、ギャラリーがおかげさまで無事1周年を迎えることができました。

あっという間の1年間でした。

なんのキャリアもないまま、「想い」だけでオープンしたgallery35。

 

どうなることかと思いましたが、なんとか1周年。

 

いろんな出会いをいただき、勉強させていただいた1年でした。

本当に感謝しかありません。

 

来年はもっと、アーティストや作家さんの紹介をこのブログでも紹介していきたいと思います。

そして、アーティストさんにお声がけして、イベントや展覧会を積極的に企画していきたいと思います。

 

新年、また新たな誓いを立てることになると思いますが

何度も何度もここで宣言して、自分に鞭打ちたいと思います(汗)。

 

 

 

 

《2018年》

グループ展「それなりにがんばっ展」

京都精華大学フィールドデザインプロジェクト「Roots」

Shino Takeda/Mitsutaka Konagi「ソリットとメソット」ふたり展

京都精華大学 版画コース3回生 有志展「Q」

gallery35「うちの子をアートに祭り」

沖昌之さん個展「野良猫ちゃんねるって名前の写真展」

葛原正也さんの個展「宇宙にはばたくもの」

kanataの展示会、2回も!

金川カモメさんの個展「カモメという名の猫」

亀井佐知子さん個展「獏の瞳」

A.Dupré 2019 SPRING / SUMMER EXHIBITION

H-TOA「ガリレイの生涯」京都国際舞台芸術祭  2018フリンジ

PiKOLLE's closet 2018

グループ展『花とひととき』

まると小山の「コギだらけ展」

長野英彦さん個展「焼き物」

 

 

猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫

ギャラリーと黒猫みー子ちゃんは→コチラ

みー子ちゃんの妹のビフテキは→コチラ

猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫

 

 

ハートハートハートハートハートハートハートハートハートハートハートハート

はじめまして。

ギャラリーと黒猫みー子ちゃんは→コチラ

みー子ちゃんの妹のビフテキは→コチラ

 

 

 

 

KBS京都ラジオ「森谷威夫のお世話になります!!」

 

野良猫写真家の沖昌之さんの写真展を取材してくださいました。

 

ラジオカーに乗ってやってきたのはリポーターの

 

いかまよこと井川茉代さんです。

 

 

 

*許可を得て、写真を掲載させていただきました。

 

ギャラリー35は路地に佇む隠れ家的ギャラリーなので、

 

探し当てるのが大変だったのではないかとドキドキしました。

 

でも無事にたどり着き、沖さんのすごすぎる猫たちを

 

リポートしてくださいました!

 

ところで森谷威夫さん、めちゃくちゃハチャメチャな方のようです。

 

KBS京都放送の局アナでありながら、M1グランプリに出場!

 

Wiki先生によると(!)、沢木耕太郎深夜特急』に触発され、

 

初の海外旅行はバックパッカーでタイを周遊。

 

その後、ニューヨークでカツアゲに遭うも存命という強運の持ち主!

 

私事ではありますが、

 

森谷さん同様『深夜特急』を読み漁り、

 

無計画かつ破滅的な旅行スタイルに衝撃を受けました。

 

海外未経験、

 

インターネットの存在さえ知らず、

 

スマホはもちろん、携帯電話さえこの世に存在していませんでした......。

 

そんな状況で『地球の歩き方』だけを持って、

 

神戸からたった一人で『鑑真号』(最安値)という船に乗り、

 

上海に行ったことを思い出しました。

 

お会いしたことはありませんが、共通点はこの1冊。

 

 

勝手に親近感を覚えております。

 

1冊の本が、生身の人間を無計画かつ無防備に突き動かすのですから!

 

それが本かもしれないし、

 

映画かもしれない、

 

たった1枚の写真や絵画かもしれません。

 

こんなふうにgallery35で開催される展示会で、

 

少しでも心を動かされる

 

「何か」があれば、

 

この上なくうれしいなと思いました。

 

 

ギャラリー35京都公式サイト

ツイッター

インスタグラム

下矢印下矢印下矢印

ポチとして

もらえると

うれしいです

 

 

にほんブログ村 猫ブログ MIX黒猫へ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

ハートハートハートハートハートハートハートハートハートハートハートハート

はじめまして。

ギャラリーと黒猫みー子ちゃんは→コチラ

みー子ちゃんの妹のビフテキは→コチラ

 

今年も沖昌之さんが、ギャラリーにやってきてくれました!

 

「野良ねこちゃんねる。っていう名前のねこの写真展。」です。

 

 

さあ、これから搬入!っていうところの沖さんです。

 

 

 

地道な設営も終わり

 

 

 

みんなで食事に行って、ご機嫌!

 

いつもコーヒーを飲みに行ってるIMAYA HOSTEL + COFFEEさんに

コーヒーを飲みにいったら、すでにクローズ

 

 

仕方なく記念撮影。

 

(このあと、IYAMAさんに、夜遅くは騒がないでくださいと叱られました笑い泣き

 

良い子のみなさん、夜はご近所迷惑になるので静かにしましょう!

 

今回も京都新聞さんに掲載していただいたり

 

KBS京都ラジオさんの生放送のオファーがきたりと

 

大活躍の沖さんでした!

 

次回もかわいくて笑える猫さんたちをいっぱい連れてきてほしいなーと思いました!

 

 

ギャラリー35京都公式サイト

ツイッター

インスタグラム

下矢印下矢印下矢印

ポチとして

もらえると

うれしいです

 

 

にほんブログ村 猫ブログ MIX黒猫へ
にほんブログ村

 

 

 

ハートハートハートハートハートハートハートハートハートハートハートハート

はじめまして。

ギャラリーと黒猫みー子ちゃんは→コチラ

みー子ちゃんの妹のビフテキは→コチラ

 

「うちの猫をアートに!祭り2018」の間

 

ビフテキをお友達の家で預かってもらってました。

 

はい、れいの鈴ちゃんのおうちです。

 

で、帰ってきたら

 

それはそれはかわいく甘えてくるんですラブ

 

 

膝の上に乗って!

 

 

5日間離れ離れだったため

 

癒し注入中!

 

お母さんのこと好きでいてくれるみたいです照れ

 

 

愛してるうううう

 

 

 

愛の代償はまあまあ激しいものでした。

 

日々、抜け毛と格闘中です!

 

 

 

 

 

ギャラリー35京都公式サイト

ツイッター

インスタグラム

下矢印下矢印下矢印

ポチとして

もらえると

うれしいです

 

 

にほんブログ村 猫ブログ MIX黒猫へ
にほんブログ村

 

 

 

ハートハートハートハートハートハートハートハートハートハートハートハート

はじめまして。

ギャラリーと黒猫みー子ちゃんは→コチラ

みー子ちゃんの妹のビフテキは→コチラ

 

 

昨年2017年9月にギャラリーをオープン。

 

いろんな想いがあってこのギャラリーを作ったのですが

 

そのひとつに猫好きさんたちが心置きなく集まれる場所を作りたいというのがありました。

 

そして、ついに!

 

来てくれました〜笑い泣き

 

 

ゆきちゃんとしぐれちゃんですラブ

 

 

めちゃくちゃかわいい猫さんでした!

 

 

初の猫さん!

 

かと思いきや、違います。

 

記念すべきファーストゲストは

 

 

 

黒猫のふわさんでした!!!!

 

 

ほんとにほんとに来てくれてありがとうチューチューチュー

 

 

で、なぜ、ギャラリーに猫さんたちが来てくれたかというと、

 

「うちの猫をアートに!祭り2018」というイベントをしたのです。

 

その名の通り、

 

うちの猫をアートにしてもらおう!

 

という企画です。

 

消しゴムハンコ作家の津久井智子さん

 

羊毛フェルト作家のKushu+さん

 

切り絵作家のShimaさん

 

をお招きし、みんなで猫愛を爆発させたのです。

 

作品展示はもちろん

 

 

 

これ、切り絵です。ステンドグラス風切り絵

 

 

これも文字の切り絵です

 

羊毛フェルトの猫さんたちや

 

 

また、一日中ワークショップも開催し

 

チクチク、フェルトアート楽しいー

 

 

消しゴムはんこ、ほりほり

 

真剣に切り絵をする方々

 

 

 

黙々と作品作りをしてるかと思ったら

 

爆笑が起こったりと、

 

楽しんでいただけたのではないかと思いました。

 

初めてのイベント開催で、

 

実は、誰もきてくれないんじゃないかと

 

ひやひやしていたのです(汗)

 

関東方面からきてくださった作家さんが二人もいたこともあり、

 

これでお客様が来てくれなかったら

 

もう顔向けができないとドキドキしていたのです。

 

でも、ほんとにたくさんの方に来ていただくことができました。

 

もちろん作家さんたちのファンがほとんどしてたけど照れ

 

また、猫好きさんたちが集まって、猫愛を語り合える機会を作れたらと思いました。

 

 

 

 

ギャラリー35京都公式サイト

ツイッター

インスタグラム

下矢印下矢印下矢印

ポチとして

もらえると

うれしいです

 

 

にほんブログ村 猫ブログ MIX黒猫へ
にほんブログ村