今年の鈴虫事件 | 花は野にあるように  - gallery shimizu -
さいきんの雲の間から見える青空はとても綺麗に感じます。

長引いた夏風邪もやっと治りそうです(^o^)




壺本氏の奥さまから、鈴虫をいただいて二ヶ月くらいたちました。

毎日、キレイな鳴き声に癒されております。

仕事の良い虫籠を探しているのですが、ありそうで無いですね!



去年はいただいた鈴虫を箱庭にはなした所、日に日に鳴き声が無くなっていき、4日後には全滅した苦い経験があります。


今年はそうならない様に、虫籠で育てていました。





名古屋骨董祭も終わり、何か鈴虫の鳴き声が減ったなぁ~と思いつつ

餌をかえてあげようとした所


明らかに違う虫が一匹入っています!!!


しかも、めっちゃキモい!



多美子さんに


『 何か変な虫おるで~~~!!! 』


と叫ぶと


『 もしかして、ヒゲの長い鈴虫?虫籠から逃げてたから入れといたで 』


と言う。



イヤイヤイヤ!!!

鈴虫と違うし、そもそもよく触ったなこんなキモいヤツ!


良く見ると、鈴虫の数が減ってるし…

絶対食べられてるやん!


ヒィ~~~!知らないって恐ろしいやぁ~!



もう一つの虫籠には鈴虫が残っているので

大事に育てようと思います。






ここで一句

『 鈴虫と  思って見たら  カマドウマ  』

あ~、恐ろしや。

当たり前が、当たり前では無いと言う意味です(笑)



おしまい










ちょっとキモいので閲覧注意
カマドウマ君
ヒィ~~~!!!