未知なる発見 | Galeria Punto blog

Galeria Punto blog

現代アートギャラリー「Galeria Punto(ガレリア プント)」のブログです。
Galeria Puntoは点としてのギャラリー活動から線・面にいたる活動を模索し、新たな価値観の創造に寄与していきます。


テーマ:

                            神積寺14日目。


          遂に2週間を越え、紅葉と共に山の空気もだんだんと冷たくなってきました。


        広い敷地の神積寺を散策していると、気付かなかった発見をすることができます。



気の向くまま散策開始。


自然を楽しむ方々も多く見受けられます。


池の前を行き来して通ります。


見逃さないでくださいね。


紅葉が美しい本堂への入口。


隣には長生き地蔵。
可愛らしい鶴と亀の彫。


本堂への階段、そして秘仏が守られている宝物館への階段が続きます。


本堂前。


こちらの鐘は参拝者が鳴らすことができます。
そのため、境内は心地良い鐘の音が鳴り響いています。


石の上にもドットカゲ。
紫のドットカゲさん、何か吐いてる!?
確かに顔色悪いです。

・・・遊び心ある どなたかが置いて行ったようです。
小石はこのまま置いておくとします。


皆さんが見上げている先は、秘仏とアートだけではありません。


こちらの欄間。
歴史ある建物に施されたこの欄間は、上部を切り取った斬新なアート。
前衛的なデザインに見とれました。


この日は本堂で展示しているラデックさんの姿も。
運が良いと作家さんに出会うこともできます。


そして境内のあちらこちらでは、ご住職の姿を拝見します。
分からないことも親切に教えてくださいます。


んん!!?
何かいました?


やっぱり、いるやないですか!
「かかし スティック 宇宙人」
イイですねぇ。


見逃すことなかれ。




「60年に一度の秘仏×現代アート」残すところ、あと2日!!

週末の土・日はイベントも満載です。

最後の神積寺へ是非おこしください。




Galeria Puntoさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス