阿曽藍人・出口郁子 | Galeria Punto blog

Galeria Punto blog

現代アートギャラリー「Galeria Punto(ガレリア プント)」のブログです。
Galeria Puntoは点としてのギャラリー活動から線・面にいたる活動を模索し、新たな価値観の創造に寄与していきます。


テーマ:

              「施美時間~沙羅双樹」もいよいよ最終週へと突入します。


 お堂内で見ると同時に、「施美時間」の醍醐味は 歴史ある建物と共存する野外の展示にもあります。


                  こちらの作品は、観音堂に置かれた阿曽藍人


               作品に開けられた穴から向こうを覗くと、護摩堂がチラリ。




何ぞや、何ぞや!?

お寺の柱の四角と屋根の三角を基調とする統一された空間にあって、

この球体の不思議な感覚。

色味はほぼ建物と同化しているにも関わらず、そこにない丸を置くことで起こる変化。

形の面白さを感じずにはいられません。





この立体以外にも、阿曽さんのうつわが講堂でご覧いただけます。





丁寧に作られた料理が映えるうつわです。







続いて、観音堂のすぐ近く、地面に直接あるのは出口郁子



阿曽さんの立体と共鳴するように、足元にじっと構えています。

とても複雑な立体にも思わせますが、まわりまわって自分に返ってくるような・・・

どこか根本的な円を思わせる・・・自然ととても共存したこれらの作品。






同じく、うつわの数々が講堂でも展示されています。





金彩を使った独特の色使いと絵付けが出口さんのうつわの魅力です。



2人の土の作品が点在する観音堂をお見逃しなく。

Galeria Puntoさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス