磯谷晴弘 | Galeria Punto blog

Galeria Punto blog

現代アートギャラリー「Galeria Punto(ガレリア プント)」のブログです。
Galeria Puntoは点としてのギャラリー活動から線・面にいたる活動を模索し、新たな価値観の創造に寄与していきます。


テーマ:

              本日紹介の「施美時間~沙羅双樹~」の作家は、磯谷晴弘。



木彫の坪田さん同様、今回「施美時間」に初めて参加くださいました。

磯谷さんは、ガラス作家。



外面の皮をめくったような表現。



対して、上面はピカピカに研磨され、
奥底にゆらぐ色がとても美しいです。





こちらも、ガラスの持つ色の変化に鶴林寺の景色が映り込み、
不思議な景色が現れています。


「まぁ!水がはってあるのね。」という女性もちらほら。
確かに、そんな風に見えます。





これらの作品がご覧いただけるのは、

国宝 太子堂。

歴史ある鶴林寺の中でも最も古いとされる

お堂に展示されています。








この他にも、磯谷さんの作品は講堂にも展示しています。





また、昨年の「施美時間」でスズキコージと堀越千秋のライブにて司会を務めていただいた
パーソナリティの谷 五郎さんのブログ でも「沙羅双樹」をご紹介いただいています。
ありがとうございます!!




Galeria Puntoさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス