「施美時間」 あとがき。 | Galeria Punto blog

Galeria Punto blog

現代アートギャラリー「Galeria Punto(ガレリア プント)」のブログです。
Galeria Puntoは点としてのギャラリー活動から線・面にいたる活動を模索し、新たな価値観の創造に寄与していきます。


テーマ:

          「施美時間」の17日間。単なる作品の展示ではない何か、を求めた道のり。



Galeria Punto blog

鶴林寺は、聖徳太子ご建創と伝えられ、国宝の本堂や太子堂をはじめ計45件
もの指定文化財を保有する「播磨の法隆寺」とも呼ばれる名刹であります。

Galeria Punto blog

それはそれは、広い境内。
Galeria Punto blog

毎週のように雨続きだった週末。

Galeria Punto blog

時折現れる晴れ間、澄んだ空気に包まれました。

Galeria Punto blog

崇峻天皇2年(589年)、3間4面の精舎の建立「刀田山四天王精霊院」と名付けられた
のが鶴林寺の始まりとされ、養老2年(718年)、七堂伽藍を建立。天永3年(1112年)に
寺号を「鶴林寺」と改名。太子堂はこの年の建立と伝えられています。

Galeria Punto blog

数百年という時を経て、現在まで伝えられてきた貴重な歴史的文化財。


Galeria Punto blog

平成の今を生きる私たち。

Galeria Punto blog

そんな鶴林寺で、現代を生きる私たちのアートは どこまで影響力を与えられただろうか。

Galeria Punto blog

そして、施美時間に訪れた人々の想いは如何に。

Galeria Punto blog      Galeria Punto blog   


Galeria Punto blog        Galeria Punto blog


Galeria Punto blog        Galeria Punto blog


Galeria Punto blog        Galeria Punto blog


Galeria Punto blog        Galeria Punto blog


Galeria Punto blog        Galeria Punto blog


Galeria Punto blog        Galeria Punto blog    


  Galeria Punto blog        Galeria Punto blog


Galeria Punto blog        Galeria Punto blog


 Galeria Punto blog       Galeria Punto blog


Galeria Punto blog        Galeria Punto blog

人類の長い歴史の前に、私たちの力はひとたまりもない。
しかし、かつて寺院が文化の始まりであったように、いかなる時代も人を救うのは希望である。
アートは、それを成し得ると信じている。


Galeria Punto blog




Galeria Puntoさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス