加古川保育園×加古川南高、加古川西高、播磨南高 ライブ作品、キャンドルホルダー | Galeria Punto blog

Galeria Punto blog

現代アートギャラリー「Galeria Punto(ガレリア プント)」のブログです。
Galeria Puntoは点としてのギャラリー活動から線・面にいたる活動を模索し、新たな価値観の創造に寄与していきます。


テーマ:

施美時間の開幕と同時に行った参加団体のライブペインティング作品は、講堂に展示しています。


      最初のライブペインティングを行った加古川保育園×加古川南高校の作品がこちら。


Galeria Punto blog

短時間ながら、描きはじめるとしばらくで画面が動物でいっぱいになりました。

Galeria Punto blog      Galeria Punto blog

自分の絵を探す子どもや、「こんなところに飾ってすごいね!」という声も。
プロの作家に混じり、自分の絵をまっすぐに見つめる子どもたちが頼もしくありました。

  




続いては、加古川西高校美術部の作品。

Galeria Punto blog

ドアを挟んで左右にズラリと展示しています。

Galeria Punto blog

右には色の重なりや筆の遊びで表現した作品。左には、ライブペインティングの最後にビリビリ
と破った作品が、隣同士と共鳴しグラデーションがキレイな一面が出来上がっています。






最後に描いたのは、播磨南高校芸術類型。

Galeria Punto blog

一番長い作品となったこちら。

Galeria Punto blog        Galeria Punto blog

具象でありながら抽象的な高校生たちの挑戦でした。
来場者も足をとめて観ていかれます。







Galeria Punto blog そして、仁王門から本堂までの石畳の両脇には、

加古川保育園と鶴林寺ボーイスカウトの子どもたちが

作ったキャンドルホルダーを並べています。

鶴林寺の仁王門をくぐったら最初に見る作品がこちら。

まっすぐに並んだ様は、各々の個性を持った子供たちが

キチンと整列しているようで気持ちの良い光景です。



    




Galeria Punto blog       Galeria Punto blog


        自然に落ちた枯葉や誰かがそっと入れたどんぐりを見つけるのも、豊かなひととき。


Galeria Punto blog         Galeria Punto blog


                とんがったものや穴のあいたもの、遊びこそアートの原点。


Galeria Punto blog

キャンドルホルダーは、本堂まで続きます。

Galeria Punto blog

11月3日の夕刻は、これらのキャンドルホルダーにろうそくを灯し最後のライトアップを行います。

3日18:00から始まる馬頭琴・ホーミー&万華鏡映像ライブと併せて、どうぞお楽しみください。




Galeria Puntoさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス