浅野 哲、福岡ひろみ、森下真吾、佐藤ゆき、古澤 彩、小山陶海 ~講堂~ | Galeria Punto blog

Galeria Punto blog

現代アートギャラリー「Galeria Punto(ガレリア プント)」のブログです。
Galeria Puntoは点としてのギャラリー活動から線・面にいたる活動を模索し、新たな価値観の創造に寄与していきます。


テーマ:

Galeria Punto blog    施美時間もいよいよ佳境。


   賑わいをみせるのは講堂。


   講堂には、陶器を中心に多くの作家さんの小品などが集まる空間


   となっています。中央の浅野 哲さんから順にご紹介して参ります。


   このタイルを張り合わせたようにも思える作品が浅野 哲


   大きい花器から小さいおちょこまで、このテイストが揃っています。





Galeria Punto blog        Galeria Punto blog


                       作品全面にこの模様が敷きつめられています。


Galeria Punto blog

その完成度の高さから、浅野さんの丁寧な仕事が伝わってきます。

Galeria Punto blog






Galeria Punto blog

唯一のアクセサリーは、ガラスの福岡ひろみ

福岡さん一押しの“元気が出る赤”は、くり返し

試行錯誤した結果得た赤。朱でもない、その

少し深い赤の色味は福岡さんならではの色。

身に着けると、気持ちを上げてくれるようです。







Galeria Punto blog        Galeria Punto blog                

                             

                           秋冬は、茶や緑もおすすめ。


Galeria Punto blog

  どうぞ手に取ってみてください。

Galeria Punto blog







Galeria Punto blog

入口左の面白い壺は、森下真吾


講堂に展示する立体では、一番大きい作品。

吾偶と名付けた生き物たち。

照明や花器など、施美時間に合わせた

シンゴさんらしい作品をご用意くださいました。




Galeria Punto blog        Galeria Punto blog


大きな土鍋も注目のひとつ。

Galeria Punto blog

こちらのドラゴンは、ストーブでお湯を沸かすと口から湯気が。そんな冬なら毎日が楽しい。

Galeria Punto blog






Galeria Punto blog


      左奥には、佐藤ゆき


      自然からイメージした器の数々は、土色を活かした


      やさしい風合いです。


      その和む雰囲気に加え持ち具合も良く、


      長く愛用できる佐藤さんの器たち。






Galeria Punto blog        Galeria Punto blog


                   作品の多くは、細かい線画が施されています。


Galeria Punto blog

 
                      楕円皿は、スタッフもお気に入り。


Galeria Punto blog






Galeria Punto blog

   その隣には、古澤 彩


   動物や人をモチーフにした作品は「かわいい」


   との声多し。陶芸家である古澤さんですが、


   同じく木工の腕前も。今回は木の時計なども


   展示しています。




Galeria Punto blog         Galeria Punto blog


                         この器で癒される日々。


Galeria Punto blog

 こちらのカップはソーサーとのセット。

Galeria Punto blog






Galeria Punto blog
そして、小山陶海

表情様々な焼き締めは、備前焼の小山さんの器。

作品の横には窯の様子などの写真も展示してあり、

作品ができる工程を垣間見ることができます。






Galeria Punto blog        Galeria Punto blog

焼き締めの赤い色が特徴的です。

Galeria Punto blog

器を中心に花器なども並んでいます。

Galeria Punto blog

講堂には、他にも参加作家の多くの作品を展示しています。






「施美時間」 残すところ、あと3日となりました。

11月3日(日)夕刻からは、馬頭琴・ホーミー&万華鏡映像のライブもあります!!

ライブ時はキャンドルライトアップもご覧いただけます☆

ささやかながら、神秘的な秋の夜をご用意して皆さまをお待ちしております。



施美時間は、11月4日まで。

鶴林寺は、9:00~17:00(入場は16:30まで)にご来場ください。

第二会場の松風ギャラリーは11月3日まで。

10:00~18:00となっております。

最後の連休、ぜひ施美時間をお楽しみください。




Galeria Puntoさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス