大原千尋、野村直城、秋山はるか ~本堂・太子堂・護摩堂~ | Galeria Punto blog

Galeria Punto blog

現代アートギャラリー「Galeria Punto(ガレリア プント)」のブログです。
Galeria Puntoは点としてのギャラリー活動から線・面にいたる活動を模索し、新たな価値観の創造に寄与していきます。


テーマ:

       「施美時間」、今回の展示で一番困難を極めたのが、各お堂の廻り廊下の展示。


          各々5カ所の堂に作品を配置し、外から見てもらうという意図の裏には、


       何百年という歴史に裏付けされた国宝の圧倒的な存在感との戦いがありました。



Galeria Punto blog

鶴林寺を代表する国宝 本堂に構えるのは、大原千尋

Galeria Punto blog


Galeria Punto blog        Galeria Punto blog

銀彩や色を使ったこれらの作品。本堂との対峙。

Galeria Punto blog

腰かけたようなフォルムと筆の表現がユニークなこの作品は、

普段は身を隠して本堂に住み着いている生き物のよう?







Galeria Punto blog

鶴林寺の中でも一番古いとされる美しい佇まい 国宝 太子堂には、野村直城

Galeria Punto blog


Galeria Punto blog        Galeria Punto blog

軒下にも何気に立っている数人のメンバーたちは、国宝にいる緊張感は皆無。

Galeria Punto blog

この巨体に、

この顔。


Galeria Punto blog

野村さんの高い力量が伺えます。










Galeria Punto blog

火炉で護摩木を焚くところ、知恵の火で煩悩・罪障を焼き尽くす

行方が行われる場所とされる護摩堂には、秋山はるか

Galeria Punto blog


Galeria Punto blog       Galeria Punto blog  

実は身近なモノをモチーフに作品が作られており、何層にも重ねられた生地は

護摩堂と相まって長い時間の刻み、輪廻のようにさえ思えてきます。

Galeria Punto blog

一瞬 音が消え、時が止まったように切り取られる瞬間は

時間も空間も飛び越えてどこかに行けたような・・・


そんな施美時間も体感しました。






Galeria Puntoさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス