阿曽藍人、大角雄三、澁田寿昭、栗山 勉 ~境内~ | Galeria Punto blog

Galeria Punto blog

現代アートギャラリー「Galeria Punto(ガレリア プント)」のブログです。
Galeria Puntoは点としてのギャラリー活動から線・面にいたる活動を模索し、新たな価値観の創造に寄与していきます。


テーマ:

本日より、「施美時間」でご覧いただける作品の一部をランダムにご紹介していきたいと思います。


鶴林寺での醍醐味のひとつは、境内を散策しながら国宝や重要文化財と共にアートを発見できる


ところ。清々しい空気を感じながらゆったりと鶴林寺を歩いているとこんな作品に出会えます。


Galeria Punto blog

阿曽藍人

焼き物で作られた陶板状の作品。

Galeria Punto blog        Galeria Punto blog

こちらの作品は、本堂からも望める林の中。

Galeria Punto blog

落ち葉の黄緑が野焼きの景色に彩を与え美しいです。

Galeria Punto blog


Galeria Punto blog

講堂では、阿曽さんの器も購入することができます。



 





Galeria Punto blog

大角雄三

建築家である大角さんの作品。

Galeria Punto blog        Galeria Punto blog

細い路地にひっそり隠れるように設置された作品の後ろには細長い道が奥まで続いています。

Galeria Punto blog

中はこのように敷き詰められた紅白の石。

Galeria Punto blog        Galeria Punto blog


Galeria Punto blog

ムシロテッカモチ

鴨長明がこしらえた建築「方丈庵」。この建物はその庵の大きさの、約1/2 スケールである。
身の回りにある材料を使い、人が中に留まれる最低限の囲いをこしらえる行為は、生きる行為そのものだ。
生命力に満ち、いきいきとした空間は同時に脆い。簡素な庵など、自然の驚異の前では裸も同然である。
しかし、だからこそ命が輝きはじめるのもまた事実である。     大角雄三








Galeria Punto blog

澁田寿昭

がまちゃんです!

Galeria Punto blog        Galeria Punto blog

宝物館前の池に展示しているがまちゃんたち。かなり溶け込んでいます。


Galeria Punto blog        Galeria Punto blog

宝物館から出てきてがまちゃんに気付き驚くお客様も。溶け込み度NO.1。

Galeria Punto blog

同じく講堂でも澁田さんの器がご覧いただけます。






Galeria Punto blog

栗山 勉

最初に目に飛び込んでくる、鮮やかな赤。

Galeria Punto blog

鉄でできた作品は存在感たっぷりです。

Galeria Punto blog




思わぬところに作品があったり、ばったり作家に出会えたり・・・
鑑賞者の皆様が体感していただく「施美時間」となっています。
宝探しの気分で、どうぞゆったりと施美時間をお楽しみください。





Galeria Puntoさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス