「施美時間」の見どころ。 | Galeria Punto blog

Galeria Punto blog

現代アートギャラリー「Galeria Punto(ガレリア プント)」のブログです。
Galeria Puntoは点としてのギャラリー活動から線・面にいたる活動を模索し、新たな価値観の創造に寄与していきます。


テーマ:

  「アート・プログラムin鶴林寺vol.2~現代美術×国宝 ~施美時間~」が、今週末から開幕します!


Galeria Punto blog

第2回目となる今展は、全国各地より40名の作家・アーティストと6団体が参加します。

第一会場は刀田山鶴林寺。

前回よりも大幅に会場を増やし、国宝や重要文化財である各お堂が会場となります。

第二会場には松風ギャラリー。

鶴林寺からほど近いこちらには前回も参加した石川和男幸坂圭一郎の作品がご覧いただけます。






Galeria Punto blog来場者が片手に持ちながら境内を散策できる「鶴林寺展示MAP」制作中。


前回のアンケートで素晴らしいとの声が多かった日本画家アラン・ウエス


と陶芸家役重佳廣は前回とは別の塔頭で魅せてくれます。


同じく人気の高かった鄭 継深野村直城池田晶一猪立山三鈴栗山


注目したいところ。


スタッフも期待を寄せるラディック・プレディギエルは旧宝物館での展示、


ASADA澁田寿昭両氏は思考を変えての展示を試みます。


今回は入江清美木村かほる渋谷 清沼田佳苗といった見ごたえのある平面作家が多く加わりま


した。大島英一郎は陶、山本 明はカスタム自転車で参戦。


また観音堂・護摩堂には、大原千尋岡島光則出口郁子秋山はるか一色智登世の陶の立体作


家が集結。阿曽藍人大角雄三三橋 玄の野外展示も必見です。


必ず立ち寄っていただきたい講堂には、浅野 哲小山陶海佐藤ゆき福岡ひろみ古澤 彩森下


真吾を中心に多くの作品がご覧いただける楽しい会場となります。


そして、今週末20日にはコラボライブペインティングと音楽ライブも行うスズキコージ堀越千秋が鶴林


寺を舞台にどんな作品を見せてくれるのか!

   





           「施美時間」は10月19日(土)から兵庫県加古川市 鶴林寺にて始まります。

   

   

   

Galeria Puntoさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス